薪ストーブの煙突の魅力!

ログハウスkizukiの暖炉はなんせ存在感抜群!

ストーブそのものの存在感もさることながら、吹き抜けの天井に伸びる煙突がえげつない存在感なんです。

その存在感の理由は、天井の高さです。

通常の2階建てログハウスよりも天井が高めで、天井高が4.7m以上あります。

だから、そこに伸びていく煙突も長いのです。

その分、煙突掃除は大変です。

屋根まで登って上から掃除をするのですが、屋根の勾配もキツイので、命綱がいります。

もちろん自分ではできないので、薪ストーブ屋さんにお願いをしましたが、それでも大変そうで、汗だくで掃除をしてくれました。

そんな煙突のローアングルな眺めも最高です。

天井のテッペンからは煙突を出せないので、少し横にずらして出すために、天井近くは煙突を曲げています。

この曲げさえも美しい!

薪ストーブの炎の前に座りながら、ふと見上げるとそびえる煙突。

ぜひ、そのフォルムも一緒に楽しんでください!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中