タグ別アーカイブ: 消防法令適合通知書

民泊と消防設備とその費用

民泊を運営する為には様々な届け出が必要です。

僕は旅館業の簡易宿所での登録をしています。

ここで重要なのが消防設備です。

一戸建ての木造建築なので、分類上は特定小規模施設となります。

カーテンや絨毯などは防炎マークがついたものを使う必要があります。

僕は絨毯は汚れると大変なので、フローリングに改装します。

この部屋は元々和室で前オーナーが洋室改装して絨毯変更しました。

しかし、このままでは絨毯が防炎では無いので消防法でアウトになります。

よってフローリングにリフォームしました。

天井の壁紙も照明も換えています。

元和室の雰囲気も残した内装にしました。

今回はカーテンも結構お金が掛かりました。

この大きな窓に合う既製品のカーテンはありません。

防炎カーテンが必要ですから、今回はオーダーメイドで作りました。

折角作るならと、前から気に入っていたデザインのカーテンにしました。

コテージそらまどは、なんと言っても、この大開放180度ビューの窓が特徴です。

天気が良いと富士山も綺麗に見えます。

コテージそらまど

だから、窓には拘りたいのです。

ただ、防炎カーテンのオーダーメイドは高く付きました。

消防設備の中で大切なのは、火災報知器と非常灯です。

火災報知器は特定小規模施設用の火災報知器があります。

ネットで購入すると1個1万円前後で買えます。

これを各部屋に取り付けます。

これは、自分で付けようと思えば付けられるものです。

問題なのは非常灯です。

これは自分では工事ができません。

工事をお願いすると一戸建てだと15万円〜20万円は費用が掛かります。

前回OPENしたコテージひだまりは、全ての消防設備と消防への届け出書類なども防災工事会社に外注しました。

そうすると費用は40万円程掛かりました。

まあまあな出費ですね、

今回のコテージそらまどは、平屋建てで、出口までの見通しも良いために、非常灯は免除となりました。

消防法で規定があり、ある条件を満たせば小規模の建物であれば、非常灯が無くても良いのです。

今回は非常灯が無い代わりに、避難経路図を掲示すれば大丈夫とのことでした。これは大変助かります。

前回は消防設備工事と届け出で40万円の費用が掛かったのが、今回は火災報知器の実費5万円程で済んでしまいます。

だったら、スペースの問題で諦めてた薪ストーブでも置こうかな?

間接照明で誤魔化そうとしてたけど、薪ストーブがある別荘民泊のコンセプトをぶらしてはいけないかな?と心が揺らぎます。

と言う事で、別荘民泊の工事は消防設備関係でリフォームが必要だったり、防炎カーテン、火災報知器、非常灯と、色々費用が掛かるものなのです。

寝室の窓からは一面緑の景色。

反対側は富士山。

2020年10月末OPENになるコテージそらまどを是非楽しんで下さい!

【Airbnbからのご予約は下記まで!】

☆Fuji view skyliving コテージひだまり(伊豆の国市)
https://airbnb.com/h/cottage-hidamari

☆ログハウス那須ハイグランド(那須町)
https://airbnb.com/h/loghouse-nasu-highground

☆ハイジのログハウス(那須町)
https://airbnb.com/h/heidi-loghouse

☆ログハウスkizuki(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-kizuki

☆ログハウスせせらぎ(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-seseragi

簡易宿所の登録を自分でやってます。

民泊OPENの時に必要なのは、民泊や簡易宿所の登録です。

僕はできるだけ簡易宿所が可能な物件を取得し、簡易宿所で登録します。

1号は、山梨県都留市のログハウスkizuki

僕も最初は簡易宿所は難しいと思って、民泊で申請しようとしました。

保健所にまずは相談に行ったんです。

そしたら担当者の方が「簡易宿所で登録しても同じですよ。どうせ登録するなら簡易宿所でやった方がいいですよ」

「えっ?そうなんですか?できるんですか?」

「結局消防の設備とか、求められる条件は民泊と同じですから」

民泊は営業が180日まで。

簡易宿所は制限無し。

だったら簡易宿所で登録した方がいいに決まってます。

まず、自分で登録をするには、自治体によっても、条件によっても違いますが、下記機関との連携が必要です。

・保健所・・・簡易宿所の許可証を出す

・消防署・・・消防関連の許可証

・建築事務所・・・簡易宿所許可条件の確認

・衛生局・・・水質汚濁法関連

とにかく何も分からない段階では、管轄の保健所に連絡をして、図面を持って相談に行けば、申請方法を一から教えてくれます。

最初慣れないときは何度も通いました。

次に消防です。

火災報知器の設置場所、非常灯設置の確認、防炎カーテンなど消防法に沿った内装になっているかの確認です。

最初は取り敢えず申請まで3ヶ月ぐらい見ているといいでしょう。

時間が無い人やサラリーマンだと、ちょっとキツイかもしれません。

相手はお役所ですから平日午後5時ぐらいまでしか対応してくれません。

そういう場合は、申請の代行を頼みましょう。

全てやってくれるので大変楽ちんです。

ただし、自分でやった場合は印紙代2万〜3万程度で済みます。

プロにお願いすると20万円前後は掛かります。

また、非常灯を付けるか付けないかでも費用は大きく変わります。

非常灯必要となると、火災報知器も含めて工事代で15万円程度は見ておく必要があります。

これも、簡易宿所を開業する場所によって基準が違うため、一軒家で見通しが良い場所だと非常灯がいらない場合もあり、二階と一階両方に必要な場合もあります。

一番費用が掛かった所は、消防への申請もお願いして、工事、申請書類作成含めて40万円程掛かりました。

違う宿は報知器も自分で買って付けて、非常灯も必要ないので、実費5万円ほどで済んだ宿もあります。

報知器は自分で買って付けられます

さて、自分で申請するとなると、難解な申請用紙に自分で記載する必要があります。

これが、お役所の書類なのでややこしい。

また、保健所に提出する書類も分からないことだらけ。

上水、下水の方式は?

下水処理の方法は?

家の周りにあるマンホールとか開けたこと無いでしょ?

浄化槽が何人槽とか考えたことないし!

下水の経路を書いて下さいって、えっ?

下水ってどこに流れていくの?考えたこと無いしってことを知ることができます。

マンホールを開けて水が流れる場所を確認するんです。

流れてる!

最初は全く分からないことだらけなので、時間が掛かる訳です。

お風呂の水を抜いて下水が流れるところを確認したりしました。

今では、5人槽ですね。浸透枡です。

なんて、分かるようになるんです。

一日に使う水の量なんて書く欄があるのですが、知らんし!って感じで何リットルと書けばいいのか見当も付かない。

でも、調べると出てくるもんです。

家族5人の平均使用水道量とかあるんです。

1棟目は、本当に苦労しました。

しかし、次からはコピペでOKなので、めちゃくちゃ楽ちんです。

保健所にも2度行くだけで申請も一発OKになるんです。

工事さえ終えていれば、一ヶ月から一ヶ月半位で許可が下りると思います。

物件取得から、大体3ヶ月でOPENに漕ぎ着けます。

やはり、工事がどれぐらいで終えられるかがキモですね。

工事が終わらないと調査にも来てもらえず、どんどんずれ込みます。

工事の日程に合わせて申請の段取りも組むと良いでしょう。

ちなみに、他社に申請を依頼したこともあります。

しかし、結果、自分が申請をした時よりも時間が掛かり、OPENも遅れた場合もあります。

スケジュールの組み方が悪いと、後手に周り時間が掛かってしまうのです。

工事が大変だったのもありますが、物件取得からOPENまで9ヶ月以上掛かった物件もありました。

あまり人任せにするのも良くないですね。

コテージそらまど(工事前)

さて、今は10月末OPEN予定のコテージそらまどの申請準備をしています。

もうすぐ内装工事が終わります。

早く生まれ変わった部屋を見てみたいです。

【Airbnbからのご予約は下記まで!】

☆Fuji view skyliving コテージひだまり(伊豆の国市)
https://airbnb.com/h/cottage-hidamari

☆ログハウス那須ハイグランド(那須町)
https://airbnb.com/h/loghouse-nasu-highground

☆ハイジのログハウス(那須町)
https://airbnb.com/h/heidi-loghouse

☆ログハウスkizuki(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-kizuki

☆ログハウスせせらぎ(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-seseragi