タグ別アーカイブ: 旅行

Go Toトラベルキャンペーン事業者登録完了!

本日一通のメールが届きました。

この度はご申請いただき誠にありがとうございました。
審査の結果 【承認】 となりましたので、ご連絡申し上げます。

事業者:Villa Repro
店 舗:ログハウスkizuki

あれ?

kizukiだけ?

恐らく申請完了のメールも一軒一軒来ていたので、承認もこれから一軒づつ送られて来るのでしょう。

当たり前ですが、既にGoToトラベルキャンペーンは始まっていて、宿泊証明書も出しています。

なので、承認不可と言われたら、とんでもないことになります。

これで安心です。

しかし、纏めて申請したのだから、纏めて承認が欲しいものです。

ご利用の際は観光庁のHPをご覧下さい。

https://goto.jata-net.or.jp/

ルールを守って安全な旅をお願いします。

【Airbnbからのご予約は下記まで!】

☆Fuji view skyliving コテージひだまり(伊豆の国市)
https://airbnb.com/h/cottage-hidamari

☆ログハウス那須ハイグランド(那須町)
https://airbnb.com/h/loghouse-nasu-highground

☆ハイジのログハウス(那須町)
https://airbnb.com/h/heidi-loghouse

☆ログハウスkizuki(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-kizuki

☆ログハウスせせらぎ(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-seseragi

旅行はダメなの?いいの?Go Toトラベルキャンペーンは使っていいの?

全国の感染者が8/7には1600人を超えました。

東京は外出自粛要請。

Go Toトラベルキャンペーンも対象外。

愛知は独自の緊急事態宣言。

そんな中で旅行を諦めた方も多いでしょう?

でもGo Toトラベルキャンペーンは続いています。

ある調査では、キャンペーン使用率はまだ3%ちょっとしか無いそうです。

で、結局、旅行には行っていいの?ダメなの?Go Toトラベルキャンペーンは使っていいの?

こういう疑問が出てきます。

政府は6指標の新指標を発表しました。

重症者や死者を増やさない方針で、ある程度の感染は許容しつつ経済活動を止めないという方針です。

旅行をしつつも、感染拡大を拡げない対策が求められます。

上記を受けて、僕の別荘民泊は下記方針で運営します。

・GoToトラベルキャンペーンは適用可能です

https://youtu.be/j6fLh8PHyfc

・営業自粛要請が無い限り営業を続けます

・東京都在住の方のグループ旅行は、感染の危険があるためお控え下さい

・生活を共にする家族やカップルの宿泊は感染拡大には当たらない為に歓迎します

・宿泊の際は車での移動をお願いします

・買い物は済ませて来るか、現地で買い物をする際は一人か二人で

・人混みは避けて外出時はマスクを着用

・別荘の中で映画やバーベキューを楽しんだり、自然の中を散歩するなど、現地の方とは濃厚接触しないようにお願いします

コテージひだまりのベッドルームシアター

正しい知識を持って、感染拡大の危険を回避しながら楽しめば何も問題は無いと思います。

コテージひだまり

僕の別荘民泊がある場所は、那須町、都留市、伊豆の国市ですが、全ての場所で過去を含めて今までの感染者はゼロです。

何故ゼロなのか?

来ていただければ分かりますが、自然に囲まれた山の中にある別荘民泊ばかりです。

いわゆる田舎です。

人口密度も低く、人混みとは無縁です。

ログハウス那須ハイグランド

だから、感染予防をしていただければ感染拡大の可能性は極めて少ないのです。

だから、皆さんが旅行先に選んで下さっています。

新しい生活様式での旅行のテーマは

車で行ける近場旅。

他のお客様との接触が無いコテージや一軒家での宿泊です。

この環境を見てください。

コテージひだまり周辺を散歩

コロナの恐怖を忘れられます。

だって、人が少ないんですもの。

ハイジのログハウス

しかし、一方で、地元の人達は東京ナンバーの車を見ると不安が募るのも事実です。

悲しいかな、東京ナンバーでやってきた若い人のグループが団体でスーパーで騒ぎながら買い物をするという姿も目撃されています。

こういう一部のマナー違反の方がいると、地元からの反発を招きます。

しかし、ちゃんとマナーを守っていれば何も問題はありません。

誰にも迷惑を掛けず、感染拡大を防ぎながら、非日常を味わい、自然の中でコロナを忘れてゆっくり過ごして下さい。

【Airbnbからのご予約は下記まで!】

☆Fuji view skyliving コテージひだまり(伊豆の国市)
https://airbnb.com/h/cottage-hidamari

☆ログハウス那須ハイグランド(那須町)
https://airbnb.com/h/loghouse-nasu-highground

☆ハイジのログハウス(那須町)
https://airbnb.com/h/heidi-loghouse

☆ログハウスkizuki(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-kizuki

☆ログハウスせせらぎ(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-seseragi

帰省はダメで旅行はOKはおかしいのか?Go To トラベルキャンペーンは矛盾?

こんな言われ方されてます。

「なんで帰省はダメで旅行はいいんだ?おかしいじゃないか!矛盾している!」

はてさて、本当にそうでしょうか?

ログハウスせせらぎ

もちろん、今後、感染拡大が止まらずに、アメリカの様な状況になる恐れがあれば、Go Toトラベルキャンペーンも中止せざるを得ないでしょう。

しかし帰省と旅行では、感染の危険度は全く違います。

もし、自分や子どもが感染をしていて帰省したとしましょう。

同じ屋根の下でおじいちゃんおばあちゃんと過ごす訳ですから、濃厚接触は避けられません。

逆に帰省したのに、濃厚接触をしないように過ごす方が難しいです。

那須ハイグランド近くのペニー・レイン。屋外テラスなら風通し十分!

旅行はどうか?

僕は全ての旅行が許されるとは思いません。

不特定多数の人が同じ空間で過ごす場合は危険度は高いでしょう。

しかし、家族など普段生活を共にしていたり、恋人同士など、普段から既に濃厚接触しているもの同士が、近場の旅行で車移動、かつ、他の旅行者との接触が避けられる状況であれば危険は少ないです。

一律に何でも危険だと騒ぎ立てたり、何でも自粛だ不謹慎だとレッテルを張るのは違います。

カップルで旅行は?他人と濃厚接触しなければOK!コテージひだまり

だからこそ、Go Toトラベルキャンペーンでも感染拡大を防ぐ指針は出していますし、その危険を回避しながら楽しむ分には何も非難される必要はありません。

旅行をすることが悪いのではなく、感染拡大を防ぐ取り組みをしないのが悪いのです。

とある病院で、院内感染が拡がった原因は、ある患者さんがコロナに感染しているのが分かっているにも関わらず、マスクを付けることを拒否し、その治療に当たった看護師などが、次々に感染したというニュースもありました。

このように、ルールを守らずに感染を拡大している人は、もちろん断罪されるべきです。

話を戻しましょう。

帰省はお年寄りに感染を広げる可能性が極めて高いですから、自粛を求めるのは当然です。

旅行は対策をしっかり取れば、帰省に比べてお年寄りに感染を広げる危険性は高いとは思いません。

帰省はNGで旅行はOKに矛盾はありません。

これを矛盾だ、二枚舌だ、Go Toやってるのに帰省はNGはおかしいと、騒ぎ立ててる方がおかしいのです。

だから、もっと、危険の少ない旅行の方法を啓蒙すべきです。

今言われているのは下記です。

・近場旅

・車移動

・一軒貸切宿

こういった条件であれば、感染拡大の危険は極めて少ないのです。

ログハウス那須ハイグランド

でも、政府の立場だとはっきり言えないのです。

ホテル業界、鉄道、航空、自治体など、様々な立場があり、決め付けの旅行スタイルを提唱しようものなら、大反発を食らいます。

だから、各自がしっかり考えて行動すべきです。

僕のもとにたくさんのキャンセル連絡と共にメッセージも頂きます。

「今回、家族旅行を本当に楽しみにしていました。娘も素敵なログハウスに泊まれると久々にはしゃいでいました。しかし、感染拡大を受けて、親族などからも今旅行に行くのは不謹慎だと反対され、泣く泣くキャンセルをします」

こういうメッセージを見ると残念で仕方がありません。

家族だけの旅行です。

車で移動して一軒家丸々借りられる、田舎の自然の中にある別荘で過ごすのです。

何も危険はありません。

周りは、ただ単に、こんな状況なのに旅行だなんて不謹慎と非難します。

感染拡大の危険は極めて少ないのに、何の根拠も無く「止めろ」と言います。

そこに論理的な説明はありません。

単なる感情論です。

せっかく楽しみにしていたのに。

感染拡大をしないように、家族だけで車での近場旅で、田舎の別荘民泊を選んだのに。

それでも「不謹慎だ!」の一言で一律に反対されるのです。

その不謹慎刈りによって、経済が萎縮し、世の中が大変なことになるのです。

家族で山道散歩して感染が拡がりますか?

もちろんダメなものはあります。

危険が少ないものもあります。

一律にOKとかNGでは無く、ちゃんと切り分けて、安全に経済活動をすれば何も問題ありません。

報道を見ていてもどかしいのは、単に危機を煽るだけで、何が安全なのかは言ってくれません。

コロナ感染拡大の危険は回避しながら楽しむことは非難されるものではありません。

ルールを守らない人達が自粛をせず、ルールをしっかり守る人達が自粛をしている矛盾が生じています。

感染拡大を助長している大きな原因はルールを守らない人達です。

なのに、真面目にルールを守る人達が不必要な自粛をしているのです。

なんてバカバカしいことでしょう。

だから、ルールを守った旅行は堂々としましょう。

後ろめたい気持ちになる必要はありません!

感染拡大を防いで、堂々と楽しんで下さい。

下記別荘民泊は全てGo Toトラベルキャンペーン対象です。

【Airbnbからのご予約は下記まで!】

☆Fuji view skyliving コテージひだまり(伊豆の国市)
https://airbnb.com/h/cottage-hidamari

☆ログハウス那須ハイグランド(那須町)
https://airbnb.com/h/loghouse-nasu-highground

☆ハイジのログハウス(那須町)
https://airbnb.com/h/heidi-loghouse

☆ログハウスkizuki(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-kizuki

☆ログハウスせせらぎ(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-seseragi

Go Toトラベルキャンペーン事業者登録完了!

やっと事業者登録の受付がネットで始まりました。(いやはや、もう始まってますがな)

申請そのものは非常に簡単です。

複数物件がある場合は全物件登録必要なので大変ですが、すんなり登録終わりました。

これで承認されれば、キャンペーン対象施設としてGoToトラベルキャンペーンの施設一覧に載るのかな?

Go Toトラベルキャンペーン民泊での使い方はこちら!

https://youtu.be/j6fLh8PHyfc

しかし、もう既に始まってるし、僕はお客様に宿泊証明書も発行しています。

登録が後でいいのか?

これで登録が拒否されることはまず無いと思いますが、もし、全国の宿泊施設で登録拒否されて、キャンペーン対象だと思ったのに適用外になったら、またパニックですよ。

だから、申請すれば、まず通ります。

心配なのは、不正登録です。

登録が簡単過ぎて、旅館業の許可証も何も提出を求められず、ちょっと心配です。

架空の施設を登録して、不正請求しようと思ったらできてしまわないか?

後で調べたら分かるけど、後々ニュースになりそうな予感。。。

Airbnbのリスティングも全て『Go To利用可!』に変えてみました。

東京は感染者増が止まらず・・・。

大変な状況ですが、我々旅館業にとっては、やっと明かりが見えてきたのです。

8月は例年予約がほぼ埋まります。

今年も既にほぼ埋まりました。

しかし、心配はこれからです。

秋〜冬に掛けて全国的に拡がりが止まらなければ、また逆戻りです。

ログハウスせせらぎ

しかし、何度でも言いますが、もう、新しい生活様式にしていかなくてはいけません。

旅行がダメでは無く、安全に旅行を楽しむにはどうするか?

田舎の一軒家丸々貸していますから、普段生活を共にする人と一緒に車で移動して泊まるのであれば、全く心配いりません。

自然にたたずむ別荘で他人にコロナが伝染るなんてコトも聞いたことありません。

僕の別荘民泊では体温計も設置しました。(ログハウスkizuki、せせらぎ、コテージひだまり)

外に食べに行くのでは無く、別荘でバーベキューだってできます!

コテージひだまり

部屋で映画だって見放題です。

いくらだって安全な旅はできます。

今のところ全ての別荘地ではコロナ感染者はゼロです。(那須町、都留市、伊豆の国市)

だからコロナをうつさないように配慮すれば、ゆっくりとコロナの不安からも解放されて楽しめます。

泊まったゲストからも、「宿の周辺を散歩するだけで癒やされました!」と言って頂けます。

コテージひだまり

せっかく始まったGo Toトラベルキャンペーンです。

感染拡大している原因の多くは対策不足です。

しっかり対策をして、人混みに行かなければウイルスをばらまく心配はありません。

特に田舎に行くときは、常に自分がコロナを持っているかもしれないという意識があれば大丈夫です。

8月はほぼ予約で埋まりましたが、東京のコロナ感染者増加のニュースが出る度にキャンセルになります。

ただ、その直後に予約が入るというのを繰り返しています。

ぜひ、ちょくちょくチェックをしてみて下さい!

【Airbnbからのご予約は下記まで!】

☆Fuji view skyliving コテージひだまり(伊豆の国市)
https://airbnb.com/h/cottage-hidamari

☆ログハウス那須ハイグランド(那須町)
https://airbnb.com/h/loghouse-nasu-highground

☆ハイジのログハウス(那須町)
https://airbnb.com/h/heidi-loghouse

☆ログハウスkizuki(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-kizuki

☆ログハウスせせらぎ(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-seseragi

東京感染者243名過去最高更新。新しい日常での近場旅行とは?

今の政府の考え方はコロナと付き合いながら新しい生活様式を取り入れようという方針です。

現時点で感染が多いのは接待を伴う飲食業。

いわゆる夜の街関連です。

都会で密になる環境がリスクが高いのです。

大切なのは感染を拡げないということです。

だからこそ、家族で近場旅行しませんか?

別荘民泊は自家用車で移動して一棟丸々1家族で使います。

自宅にいるのと全く変わりません。

田舎にコロナを拡げないのも大切です。

だから、買い物は一人か二人で行きます。

外に出るのも、田舎の自然の中なら問題ありません。

コテージひだまり周辺

別荘の中で料理もできるし、バーベキューだってできます。

いつもとは違う日常を田舎の別荘民泊で味わうのです。

ある意味、都会の人混みに出掛けるより安全ですし、感染だって拡がりません。

感染を拡げない安全な旅を楽しめばいいのです。

僕が運営する別荘民泊は、コロナとは無縁の田舎の山の中にあります。

別荘民泊がある各別荘地の感染者は以下の通りです。(7/10現在)

・那須町(栃木県)

これまでの感染者は0人

隣の那須塩原市は感染者が出ていますが、那須町は山の中にあり、人も少なく密になる環境があまり無いのです。

・都留市(山梨県)

現時点では、本市を生活圏とする感染者は公表されておりません。

都留市は那須町ほど田舎ではありませんが、ホームセンターやスーパーに行っても、しっかり感染対策がされています。

・伊豆の国市

伊豆市、伊豆の国市共に今までの感染者は0人です。

こちらも山の中にある別荘なので、感染が広がる環境にはありません。

このように、東京から車で行ける範囲でありながら、田舎で自然が沢山ある地域なので、幸い今まで感染者は一人も確認されていません。

ログハウス那須ハイグランド

このように新しい日常の中で安全に旅を楽しむ方法もあります。

コロナだから何もできない!

旅行にも行けないと嘆くのでは無く、安全に、感染を拡げない近場旅を是非楽しんで下さい。

じゃぁ、グループ旅はどうか?

勿論、同じグループに感染者がいた場合は、一緒に泊まった人全員が濃厚接触者になる危険は高いです。

ログハウスせせらぎ

しかし、田舎でグループごと隔離されていると思えば、そのグループ以外には感染が拡がりにくいでしょう。

また、感染経路も明確な為に、それ以上感染が拡がらないようにします。

もちろん、旅行前に発熱やコロナが疑われる場合は一緒に行ってはいけません。

要するに最悪感染者がいたとしても、そのグループ以外に拡がらなければ、感染拡大になりません。

もちろん、普段生活を共にしている家族よりは危険が高まります。

そのリスクを知った上で、近場旅の判断をお願いします。

勿論、感染が拡がらないように下記はお願いします。

・宿に着いたら手洗いうがいを徹底

・外出時はマスクを忘れずに

・外出時は密を避けて

・人混みには行かない

・買い物は一人か二人で

ちゃんとルールを守れば安全に楽しめ、コロナを拡げることもありません。

もう自粛は我慢できません!

感染が拡大しない近場旅を楽しみましょう!

【Airbnbからのご予約は下記まで!】

☆Fuji view skyliving コテージひだまり(伊豆の国市)
https://airbnb.com/h/cottage-hidamari

☆ログハウス那須ハイグランド(那須町)
https://airbnb.com/h/loghouse-nasu-highground

☆ハイジのログハウス(那須町)
https://airbnb.com/h/heidi-loghouse

☆ログハウスkizuki(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-kizuki

☆ログハウスせせらぎ(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-seseragi

小池都知事VS西村大臣と翻弄される事業者

ほんと、いい加減にして欲しい。

小池さんが発言する度にキャンセルが入るのです。

緊急事態宣言で、予約が全てキャンセルになり、折角戻ってきた予約も緊急事態宣言延長でまたまたキャンセル。

その後、政府による緊急事態宣言解除、県外への移動も解除で、やっと予約が回復傾向に入りました。

これで、夏の予約は増えるぞ!と、安心したのも束の間。

小池さんは、7月4日に再び県外移動自粛をいきなり発表。

おいおい、またまた逆戻りか!

その会見直後です。

既に入っていた夏の予約が立て続けてキャンセルが入ります。

小池さん。

その発言で、飲食店の予約が軒並みキャンセルになり、復活しかけの旅行もキャンセルになり、旅館もホテルも、民泊も軒並みキャンセルになり、事業者が大打撃を受けるイメージができてるのだろうか?れ

そこで出てきた西村大臣。

「政府としては県外移動の自粛は要請しません」

真っ向から小池さんの発言を打ち消したのです。

コテージひだまり

東京はコロナの中心で最重要都市です。

その東京と、政府が違う見解を出すってどうなってんだ?

ちゃんと連携して欲しい。

小池さん。

その発言で全国の売上がどれだけ吹っ飛ぶのか理解しているのだろうか?

政府としては、感染の危険は避けながら経済を回すという方針では無かったのか?

だから、感染の危険を避けて経済を回すにはどうすればいいのか?

逆に感染拡大した店はなぜ感染拡大したのか?

どうすれば安全に営業できるのか?

その情報をちゃんと出してほしい。

コテージひだまりのあじさい

ちなみに、別荘民泊は一棟貸しです。

自家用車で移動すれば、感染拡大の危険は極めて少ないです。

近場旅であれば、安全なんです。

でも、杓子定規に「県外移動自粛」なんて言ったら安全な旅なのに、真面目な皆さんは自粛してしまいます。

感染の危険を避けながら楽しむ方法も沢山あります。

コテージひだまりの周辺を散歩

田舎の自然の中で感染するわけありません。

そもそも田舎は自然の宝庫です。

人混みもありません。

自然の中でクラスターが発生したなんて聞いたこともありません。

オラッチェ牧場

単に県外移動自粛と言うのでは無く、どんな移動が危険なのか?

危険が少ない移動とはどういものか?

ちゃんと示して、個々人が判断できるようにして欲しい。

知恵を出すなら自粛せずに済む方法を考えてほしい。

未だに毎年のインフルエンザの死者数より、断然少ないのが現状です。

経済を回すのと感染を拡げないのは、アンドで実現しないとダメです。

圧倒的な得票数で再選を果たしたからこそ、世の中の声をしっかり聞いてほしい。

【Airbnbからのご予約は下記まで!】

☆Fuji view skyliving コテージひだまり(伊豆の国市)
https://airbnb.com/h/cottage-hidamari

☆ログハウス那須ハイグランド(那須町)
https://airbnb.com/h/loghouse-nasu-highground

☆ハイジのログハウス(那須町)
https://airbnb.com/h/heidi-loghouse

☆ログハウスkizuki(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-kizuki

☆ログハウスせせらぎ(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-seseragi

「逃げるは恥だが役に立つ」でガッキーが訪れた修善寺に行くならコテージひだまり!

昨日TBSを見ていたら「逃げ恥」の特別編が放送されていました。

そこでガッキーと星野源が訪れていたのが修善寺。

「あっ!ここ知ってる!」

当時のオンエアーでは気が付かなかったのですが、その後伊豆の国市にコテージひだまりをOPENさせた時に近くの観光地として僕も訪れていました。

その時も、なんだか初めて来た気がしなくて、胸騒ぎがあったのですが、ドラマで見ていたのですね。

修善寺周辺はぶらぶら歩くと楽しいです。

ガッキーも歩いていたのは、この竹林。

夜になるとライトアップもあり、さらにロマンチックになります。

そして、二人が泊まったホテルが、この「宙」。

洗練られた建物でドラマで使われたとは知らずに写真に撮っていました。

ガッキーと星野源が泊まった、部屋に温泉が付いている部屋に泊まりたい!

でも、ドラマでは「10万円はするんじゃない」という会話もありましたが、高嶺の花です。

そんな時は富士山特等席のコテージひだまりにお泊り下さい。

☆Fuji view skyliving コテージひだまり(伊豆の国市)
https://airbnb.com/h/cottage-hidamari

コテージひだまり

日帰り温泉を楽しむなら、歴史ある温泉はいかがでしょうか?

共同浴場の筥湯は歴史ある温泉です。

修善寺は源氏滅亡の地として有名で源頼家の墓もあります。

修善寺温泉は歴史上の人物も愛用し、伊豆半島では最も歴史の古い由緒正しき温泉です。

逃げ恥を見てから訪れると、さらに盛り上がるかも!

近場旅に修善寺!いかがでしょうか?

【Airbnbからのご予約は下記まで!】

☆Fuji view skyliving コテージひだまり(伊豆の国市)
https://airbnb.com/h/cottage-hidamari

☆ログハウス那須ハイグランド(那須町)
https://airbnb.com/h/loghouse-nasu-highground

☆ハイジのログハウス(那須町)
https://airbnb.com/h/heidi-loghouse

☆ログハウスkizuki(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-kizuki

星野リゾートの星野さんの言葉と、旅行業界のこれから。国内旅行のキーワードは、車で2時間、コテージやヴィラなど独立した建物で温泉が近い!

昨日、星野リゾートの星野さんのインタビューがニュース番組で流れていました。
ホテル業界で様々な革命を起こしてきた星野さんの言葉にはやはり重みがあります。

僕も星野リゾートには訪れたことがありますが、本当に居心地の良い空間を提供してくれます。
部屋の中だけでなく、ホテルの敷地内全てを使った演出が本当に素晴らしいです。

昨日のインタビューでは、「やっぱりビュッフェっていうのは素晴らしい」と、コロナで提供できないからこその、今までのサービスの利点が見えてきたり、Withコロナ時代の新しい在り方を模索していました。

その中でも近距離旅行から復活するという話がありました。
近距離とは、車で1時間圏内の旅行です。

昨日は、那須の星野リゾートを取り上げていましたが、僕も那須には2軒のログハウス別荘民泊があります。

那須は、東京からは2時間掛かります。
避暑地としても非常に人気の場所ですが、車で1時間圏内だと首都圏からは遠いので、まだまだお客様が戻らないということになります。

そこで、近隣からのお客様を呼び込む方策を取っていました。

これからの旅行業界はどうなるのか?
僕は、国内旅行はある程度復活をすると思っています。
星野さんが言うように、まずは近場の旅行からでしょう。
車で移動できる範囲というのもポイントになるかもしれません。
電車やバス、飛行機はまだ敬遠されます。
だから車移動なのです。

で、恐らく、今年の夏休みは、車での小旅行が増えてくるでしょう。

トラベルズーが取ったアンケートでも下記のような結果が出ています。

【調査概要】
調査目的:緊急事態宣言解除後の旅行意向の確認
調査期間:2020年5月12日(火)~5月17日(日)
調査対象:日本国内のトラベルズーメンバー
調査方法:インターネットリサーチ
有効回答数:4,306

この結果を見ていただいて分かるように、まずは、車で2時間圏内の、コテージやヴィラなど独立した宿泊施設で、温泉のある地域への個人旅行を楽しむ姿が見て取れます。

ちなみに、僕の別荘民泊は首都圏から近い場所から予約が復活しつつあります。

都留市は河口湖なども近く、都留にも駅前に新しい温泉ができましたが、少し足を延ばすと温泉は沢山あります。

東京からは90分圏内と近く、神奈川からだと1時間ちょっとです。
データ通り、まずは都留の予約から入りだしました。

6月中旬を過ぎて予約が入りだしたのが、那須のログハウス別荘民泊です。

やはり首都圏から距離があるため、緊急事態宣言解除前は予約が止まり、解除後も動き出しは遅かったです。
しかし、県外移動も解禁になってからは予約が入りだしました。
夏の避暑地として有名なこともあり、夏休みや夏の旅先としてやっと選ばれ出したという感覚です。

那須ハイランドパークという田舎にしては非常に充実した遊園地もあります。
ここは、夏休み以外はそれほど混雑しないため、コロナ期間も早々から営業再開していました。
また那須高原や那須どうぶつ王国など自然の中で楽しめる場所も多い為、コロナでも安心要因が大きいのでしょう。
那須は温泉も有名です。

僕の別荘の中で一番厳しいだろうと思われていたのは、伊豆の国市のコテージひだまりです。

一番のネックは東京からは2時間半掛かるということです。
2時間圏内が旅行する上で大事な時間と考えると、2時間半は少しオーバーです。
神奈川からでやっと2時間です。
最近、やっと予約が入りだしましたが、首都圏からの距離は、Withコロナの時代には少しネックになります。
しかし、逆に言うと穴場かもしれません。
ほんの30分足を延ばすだけで、穴場スポットです。
宿から15分~20分の所に有名な温泉もあります。
車で10分でオラッチェ牧場もあります。

このように、国内の近場の旅行は、僕の別荘民泊の予約状況を見ていても戻ってきました。
しかし、30日間の予約件数だけを見ていると、コロナ前のピーク時のやっと半分です。
ここ1週間で盛り返して30日単位で半分なので、1か月後にはかなり戻っている状態にはあると思います。

この数か月自宅待機生活が続き、「旅がしたい!」って方も多いでしょう。

安心安全な近場旅。

僕も、皆さんをしっかりと迎えられるように準備しています。

是非、各別荘民泊にお越しください!