タグ別アーカイブ: 家族旅

緊急事態宣言で民泊もキャンセルの嵐!時短も休業補償もGoToキャンペーンも無い!飲食店だけでなく旅館業も危機的状況

緊急事態宣言。

東京の感染者も爆発的に増えています。

大変なのは飲食店だけじゃないです。

全ての行動が止まります。

もちろん、外出自粛で旅行もキャンセルです。

時短営業の要請も無いので保証も出ません。

休業補償もないし、GoToキャンペーンも緊急事態宣言の間は中止のままです。

飲食店だけでなく、旅館業も観光業も倒産が増えるでしょう。

僕の会社は幸い借金もほとんど無く、従業員もいません。

無人オペレーションを徹底しているからです。

それでも満足度の高い民泊を運営しています。

全てパートナー企業への外注で行っているので、固定費が少なく、ほぼ変動費です。

だから、コロナの状況でも収入は減りますが会社は潰れません。

また、講師業も行っているので、なんとかなります。

しかし、旅館や民宿などを本業として従業員も雇っている所は固定費だけでも大変な金額になります。

前回の緊急事態宣言で大打撃を受け、年末年始で取り戻すはずが、GoTo中止になりキャンセルが相次ぎ、さらに追い打ちを掛けるように緊急事態宣言です。

もう、耐えられない、緊張の糸も切れて頑張れない所が沢山出てきます。

欧米諸国はそういった保証が厚いといいます。

弱い会社は淘汰され大手だけが残る状態になってしまうのが怖いです。

一ヶ月は閑古鳥覚悟が必要です。

しかし、全ての旅行がダメな訳ではありません。

家族旅行は大歓迎です。

感染拡大にも全くなりません。

家族旅行の際の注意点は下記の通り。

是非、ご家族で息抜きに泊まりに来て下さい。

【安心安全な家族旅行とは?】


専門家会議の見解からも、家族で旅行をすることには、特に危険性が見当たりません。

もちろん家族以外での大人数での旅行はクラスターの発生の危険が高まります。

家族はそもそも一緒に生活をしているわけですから、自宅にいても家族で別の場所に泊まっても同じです。

ただし、下記はNGです。

・人混みの中で移動をする

・ブュッフェスタイルの食事

・不特定多数が集まる空間に長時間いること

だからこそ、オススメする旅のスタイルは下記。

大前提家族旅行や、普段生活を共にしているカップル同士の旅行は危険が少ないです。

その上で

・移動は車で
→やはり車が一番安心です。2時間半程度の移動時間であれば、ノンストップで行けますし、パーキングエリアに寄らなくても大丈夫です。だからこそ、近場旅、マイクロツーリズムが推奨されます。


・宿泊は他のお客様との接触が無い一棟貸し切りの宿やコテージで
→他のお客様との接触や共有スペースがあると、やはり気にしてしまいます

しかし、一棟貸し切りだと他のお客様との接触も無く安心です。

・食事はバーベキューなど外食しなくても良い方法で
→バーベキュー道具が揃っていたり自炊ができる調理器具が揃っていると良いですね。場所によっては出前が取れたり持ち帰りもできます。


・人混みにならない田舎や自然の中で
→田舎で暮らしているとコロナの脅威を忘れることができます。どこに行っても人混みとは無縁。実際に感染者もゼロの街が多いです。

田舎に泊まろう。


・スーパーなどの買い出しは一人か二人で
→これは地元にコロナを持ち込まないためと、やはり都会の人が集団でいると地元の人からすると恐怖です。地元スーパーなどで関東ナンバーの車で来て集団で騒いでいるともちろんヒンシュクを買います。

・外出時は必ずマスクを着用
→田舎に行くと緩みがちですが、これはマナーとして必ずお願いします。

・人混みの中には行かないで、自然体験や屋外アクティビティ中心で
→野外活動でクラスターが発生したという事例は発表されていません。自然の中は密にもならず安全です。


上記を守れば安心安全な旅ができます。

田舎の一棟貸し切りタイプの別荘民泊であれば、価格もリーズナブルでGoToトラベルキャンペーンが無くてもお得に泊まれます。

感染拡大が急激に広がる中、緊急事態宣言は仕方がありません。

しかし、感染可能性のある行動と感染の危険が少ない行動があります。

家族と一緒の行動は制限されません。

家族での上記ルールを守れば危険は少ないのです。

でも、ご家族の旅行もキャンセルになってしまうのが悲しいです。

折角家族での旅行を楽しみにしていたのに、残念です。

しかし、キャンセルする方は、「不謹慎だから」とか、「自粛しなくてはいけないから」とか、「周りの目が気になるから」とかで、キャンセルしてしまうのです。

しかし、ルールを守れば何も問題はありません。

何も後ろめたい思いをせずに、ご家族だけで旅行を楽しんで下さい!

我々は大歓迎です。

暖かい石垣島にも来てください!

お願いです。

僕の民泊だけでなく、今予約している家族旅行は上記条件に当てはまるならキャンセルしないで下さい。

もしそれが無理なら、コロナが終息したら是非キャンセルした宿で泊まって下さい。

是非、よろしくお願い致します。

【Airbnbからのご予約は下記まで!】

☆New open!コテージそらまど〜Fuji view skyliving〜(伊豆の国市)
https://airbnb.com/h/hidamari

☆New open!石垣島大浜
https://abnb.me/PAE4goxRcab

☆Fuji view skyliving コテージひだまり(伊豆の国市)
https://airbnb.com/h/cottage-hidamari

☆ログハウス那須ハイグランド(那須町)
https://airbnb.com/h/loghouse-nasu-highground

☆ハイジのログハウス(那須町)
https://airbnb.com/h/heidi-loghouse

☆ログハウスkizuki(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-kizuki

☆ログハウスせせらぎ(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-seseragi

田舎に移住して失敗!前に別荘民泊に泊まろう!

最近は田舎の不動産屋が非常に景気が良いようです。

コロナでテレワークが進み、会社に行く必要が無くなったため、田舎に移住している人が増えているそうです。

東京の転出超過は2012年依頼だそう。

これは、東日本大震災と、その後の原発事故の影響でしょう。

しかし、コロナでテレワークになったからと言って、移住なんて簡単にしていいのでしょうか?

コロナは収まります。

その後は以前に比べればテレワークも増えるでしょうが、コロナが終息したら、その必要性は薄まります。

再び出勤が必要になったらどうするんでしょう?

短期的に衝動で判断するのは止めたほうがいいです。

田舎に暮らすということが、どういうことなのか?

体験もせずに暮らすのはリスクが多すぎます。

僕も将来は田舎に暮らそうと思っています。

そのために田舎に別荘民泊を作って、実際に自分でも住んで体験してお客様にも伝えています。

僕は仕事を引退してから田舎に住むつもりですが、その場所は吟味します。

実際に東京からも2時間〜3時間圏内の場所を選んでいますが、田舎に住んでしまうと不便もあります。

東京に行くのだってすんなり行くとは限りません。

雪が降ったり台風になったりしたら簡単に交通は寸断されます。

田舎では都会では考えられないトラブルもあります。

僕の別荘民泊もイノシシに庭を荒らされたり、サルにゴミを荒らされたり、プロバンガスが切れてしまってお風呂に入れないことも。

浄化槽が溢れて工事に20万円以上掛かったこともあります。

これ、全部都会ではあり得ないことです。

台風の後に街に出る最短ルートの道が崖崩れで通行止めになって半年以上開通しなかったり。

田舎に行けば行くほど、考えられないことは沢山あります。

しかし、そういったリスクを受け入れてでも田舎に住む魅力もあります。

自然が一杯で癒やされる空間で、空気や水が美味しくて。

そういったメリットデメリットをしっかり把握した上で納得して移住をすることをオススメします。

最近は熱海の別荘用マンションが人気になっていると静岡のテレビ番組でやっていました。

築40年のマンションがおしゃれにリフォームされているのです。

確かに熱海だと新幹線で東京に出れるし、それほど田舎でもなく温泉にも入れます。

紹介されていたマンションは、共用施設として温泉もあります。

1LDKが1,400万円と言っていました。

テレビでは「え〜!うっそー!そんなに安いんですかー?」とわざとらしく言っていましたが、えらい値段が釣り上がっています。

で、番組では触れられていませんでしたが、落とし穴もあります。

毎月払う共益費や修繕積立費が高いんです。

築40年ですから、その費用を毎月払うだけで大変です。

今後、建替えとなると、建替えの費用負担も発生します。

そこまで考えて本当にお得なのか?

冷静に考えましょう。

そこで、一度家族で田舎の一棟別荘民泊に長期で滞在してみてはいかがでしょう?

僕の民泊は、薪ストーブもあり、大自然の中にあるので田舎暮らし体験に最適です。

普通に長期滞在できるように、家電や調理器具も揃ってます。

コテージそらまどのバーベキューガーデン

家の庭やデッキでバーベキューだってできます。

ここで、どんな生活か体験できます。

実際に僕の別荘地でも別荘で使う人だけでなく、住んでいる方も多いです。

田舎に住む時に一番気を付けなくてはいけないのがご近所さんです。

都会からやってきたよそ者だと思われると仲間に入れません。

ご近所とうまくやれずに、移住を止めるなんて人もいます。

都会とは違う文化の中でやっていけるか?

ご近所さんとは波長が合うか?

僕もご近所さんには気を遣いますが、「自分の方がこの土地の主だ!」と言わんばかりに、結構面倒な人も実際にはいます。

田舎だから温かく受け入れてくれると思ったら大間違い。

都会の方がやりやすかったりします。

是非泊まってみて、田舎生活を体験して下さい。

石垣島大浜民泊

ちなみに、僕が一番住みたいのは石垣島!

街の中心は本当に都会と変わらない便利さですが、海岸は近いし自然も満喫。

人も穏やかな方が多く、馴染みます。

是非体験してみて下さい。

その他にも、別荘地として有名な、那須。

海も山も楽しめる伊豆の国市。

東京や神奈川からのアクセスが良い都留市も人気です。

田舎に移住して失敗した!とならないように、是非、各地の別荘を楽しんでください!

【Airbnbからのご予約は下記まで!】

☆New open!コテージそらまど〜Fuji view skyliving〜(伊豆の国市)
https://airbnb.com/h/hidamari

☆New open!石垣島大浜
https://abnb.me/PAE4goxRcab

☆Fuji view skyliving コテージひだまり(伊豆の国市)
https://airbnb.com/h/cottage-hidamari

☆ログハウス那須ハイグランド(那須町)
https://airbnb.com/h/loghouse-nasu-highground

☆ハイジのログハウス(那須町)
https://airbnb.com/h/heidi-loghouse

☆ログハウスkizuki(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-kizuki

☆ログハウスせせらぎ(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-seseragi

緊急事態宣言で家族旅行もダメ?禁止?安心安全な家族旅、近場旅とは?

いやはや、もう最悪な緊急事態宣言が再び発出されようとしています。

1月8日からスタートして一ヶ月は続くと言われています。

GoToも中止だし家族旅行にも行けないのか?

いや、目的はコロナの感染拡大防止です。

なんでもかんでも一律でダメってことはありません。

家族が安心して旅行をする方法をお伝えします。

その前に現在のコロナの状況を見ていきます。

本当に日本は緊急事態宣言が必要なのか?

政府は、どういう状況で感染拡大しているのか?

何をすることが危険で、何をするのは危険が少ないのかもっと明確に行動指針を示すことです。

国民感情を煽って、自粛しなくても良いものまで自粛していまい、経済が再び冷え込みます。

今回は限定的な緊急事態宣言になるようなので、前回のように学校から何から全部ストップすることは無いでしょう。

しかし、前回の緊急事態宣言での検証もままならないまま、知事達に押し切られる形で緊急事態宣言を出すのは、本当に正しい判断でしょうか?

ちなみに、世界と比べて見ましょう。

参考リンク

https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/coronavirus-chart-list/

日本で大騒ぎしていますが、世界各国からすると日本はかなり優秀です。

欧米諸国から見るとコロナの抑え込みに成功していると言えるでしょう。

諸外国がロックダウンしているのとレベルが違います。

もし、欧米諸国で同じような数字だったら、経済活動を止めてまで緊急事態宣言を出すなんてことはしないでしょう。

日本は医療体制が切迫している、限界だと言っています。

では、日本の100倍の死者を出し、感染者も桁違いのアメリカの医療体制はどうなのか?

あれだけ感染者数が多いアメリカと比較しても致死率は日本と大きく変わりません。

医療体制で言うとアメリカの方が数倍大変なはずです。

感染者が溢れているアメリカがどういう体制でやっているのか?

日本は丁寧過ぎて人手が足りないのではないか?

もっとやり方は無いのか?

医療体制を変えていかないと従来のやり方ではさすがにパンクするでしょう。

日本の100倍以上死者が出ているアメリカの様な状況には絶対になってはいけませんが、今の感染拡大も各国の数字を見ると季節的な要因や世界的なトレンドと同じだと言えます。

GoToを実施したからだという理由は当てはまらないのです。

感染拡大の要因も専門家が飲食中での感染が最も多いと言っています。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/newpage_00011.html

また、家族やいつもの仲間と過ごすことは良いと言っています。

密閉空間で大人数と過ごすこと、特にマスクを付けないで会話する、食事をすることが良くないと言っています。

【安心安全な家族旅行とは?】

専門家会議の見解からも、家族で旅行をすることには、特に危険性が見当たりません。

もちろん家族以外での大人数での旅行はクラスターの発生の危険が高まります。

家族はそもそも一緒に生活をしているわけですから、自宅にいても家族で別の場所に泊まっても同じです。

ただし、下記はNGです。

・人混みの中で移動をする

・ブュッフェスタイルの食事

・不特定多数が集まる空間に長時間いること

だからこそ、オススメする旅のスタイルは下記。

大前提家族旅行や、普段生活を共にしているカップル同士の旅行は危険が少ないです。

その上で

・移動は車で

→やはり車が一番安心です。2時間半程度の移動時間であれば、ノンストップで行けますし、パーキングエリアに寄らなくても大丈夫です。だからこそ、近場旅、マイクロツーリズムが推奨されます。

コテージひだまりからの風景

・宿泊は他のお客様との接触が無い一棟貸し切りの宿やコテージで

→他のお客様との接触や共有スペースがあると、やはり気にしてしまいます

しかし、一棟貸し切りだと他のお客様との接触も無く安心です。

・食事はバーベキューなど外食しなくても良い方法で

→バーベキュー道具が揃っていたり自炊ができる調理器具が揃っていると良いですね。場所によっては出前が取れたり持ち帰りもできます。

・人混みにならない田舎や自然の中で

→田舎で暮らしているとコロナの脅威を忘れることができます。どこに行っても人混みとは無縁。実際に感染者もゼロの街が多いです。

田舎に泊まろう。

・スーパーなどの買い出しは一人か二人で

→これは地元にコロナを持ち込まないためと、やはり都会の人が集団でいると地元の人からすると恐怖です。地元スーパーなどで関東ナンバーの車で来て集団で騒いでいるともちろんヒンシュクを買います。

・外出時は必ずマスクを着用

→田舎に行くと緩みがちですが、これはマナーとして必ずお願いします。

・人混みの中には行かないで、自然体験や屋外アクティビティ中心で

→野外活動でクラスターが発生したという事例は発表されていません。自然の中は密にもならず安全です。

コテージひだまりから30秒

上記を守れば安心安全な旅ができます。

田舎の一棟貸し切りタイプの別荘民泊であれば、価格もリーズナブルでGoToトラベルキャンペーンが無くてもお得に泊まれます。

コテージひだまり

【オススメの別荘民泊は?】

完全に人混みを避けたいなら、冬の那須はオススメ!

なんせ、普段から夏は人でごった返しますが、冬は閑散としています。

那須平成の森は雪が積もっているのですが、そこを雪駄を使って歩けます。

雪駄も貸してくれます。

那須平成の森

なんせ、人混みとは無縁。

なんなら那須平成の森を独り占めできます。

那須平成の森

ハイジのログハウスはマウントジーンズスキー場まで車で13分。スキーするならここです。

☆ハイジのログハウス(那須町)
https://airbnb.com/h/heidi-loghouse

ハイジのログハウス

家の前で雪遊びだけでも子どもは大喜びです。

ハイジのログハウス

那須ハイグランドは、那須一番人気の別荘民泊です。

なぜ人気かは、予約サイト見ていただければ分かります。

☆ログハウス那須ハイグランド(那須町)
https://airbnb.com/h/loghouse-nasu-highground

家族全員で入れる大きな石風呂があります。

薪ストーブ囲んで家族団らんもいいですね。

那須ハイランドパークも車で4分と至近距離です。

那須はステーキハウスも多いので、ガッツリ肉を食べたい人もどうぞ!

ミスタービーフダイニング

雪があまり降らない場所は都留市、もっと降らないのは伊豆の国市の別荘民泊です。

寒すぎるのはちょっと、という方はこちらもどうぞ。

☆ログハウスkizuki(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-kizuki

☆ログハウスせせらぎ(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-seseragi

ログハウスせせらぎ

☆New open!コテージそらまど〜Fuji view skyliving〜(伊豆の国市)
https://airbnb.com/h/hidamari

コテージそらまど

富士見バーベキューガーデン、ベッドルームシアターあり

コテージそらまど

☆Fuji view skyliving コテージひだまり(伊豆の国市)

寝室2部屋でどちらの部屋も映画見放題。雨の日もBBQできるサンデッキに薪ストーブあり。
https://airbnb.com/h/cottage-hidamari

そもそも寒いの苦手って人は、石垣島まで行っちゃいましょう。

石垣島の紹介はブログ内でも詳しく紹介していますので、見てください。

手軽に石垣島を体験したい方は動画をご覧ください。

川平湾

年末年始は珍しく寒波で最高気温11度の日があるなど寒かったのですが、普段ならば20度超える日もあります。

寒さ知らずなので、都会を離れて長期滞在して下さい。

ネットも使えるので、テレワークもできます。

カフェのテラス席でゆっくりするのも良いですね。

プカプカ

なんせ石垣島は観光客が激減していて大変です。

インスタ映えスポット!底地ビーチ

今なら人も少ないので観光スポットで写真も自由に撮りまくれます。

自然体験もいいですよ。

マングローブカヌー体験や鍾乳洞など楽しめるスポットは山ほどあります。

石垣島民泊の予約はこちら!

☆New open!石垣島大浜
https://abnb.me/PAE4goxRcab

食事もおいしい!

さて、石垣には行けないなぁという方は、石垣島以外のここで紹介する別荘民泊は、全て薪ストーブ付です。

薪ストーブの炎は本当に癒やされます。

通常は、薪ストーブ付きの宿は高いですが、ここは、リーズナブルな価格で薪ストーブも楽しめますよ!

薪ストーブ料理の中でも一番簡単にできるのは、焼き芋!

焼き芋の簡単な作り方は下記動画見てください!

https://youtu.be/mAaAUx0XERc

薪ストーブで作る焼き芋は、人生最大にうまかったです!

ログハウスせせらぎ

とにかく、緊急事態宣言が出て自粛ムード漂う中、何もできない!

外出もできない!

ストレスたまるー!

なんて言ってても仕方がありません。

専門家委員会も言っているルールを守れば家族団らんで旅行はできます。

恋人との旅行だって一緒にいつも会ってるなら家族と一緒です。

近場の家族旅は誰も批判する理由はありません!

ルールを守れば安心安全な旅ができます。

ある意味都会の自宅にいてもスーパーやコンビニに行ったりウーバーイーツ頼んだり宅配が来たりと、どこに感染リスクが潜んでいるか分かりません。

だから、家族皆で田舎に滞在してルールを守れば、自宅にいるよりも安心ですし、都会でお出かけするより安全です。

何よりも田舎の別荘民泊で過ごしていると、本当に都会の喧騒から開放されコロナの脅威を忘れることができるのがよいです。

田舎に泊まりましょう。

家族旅は不謹慎でも何でもありません。

一棟別荘貸し切りですから自宅で過ごしていると一緒。

自分の別荘だと思って寛いでください!

緊急事態宣言が出ても正しい知識で感染リスクを避けながら、楽しむ時は安全に楽しみましょう。

【Airbnbからのご予約は下記まで!】

☆New open!コテージそらまど〜Fuji view skyliving〜(伊豆の国市)
https://airbnb.com/h/hidamari

☆New open!石垣島大浜
https://abnb.me/PAE4goxRcab

☆Fuji view skyliving コテージひだまり(伊豆の国市)
https://airbnb.com/h/cottage-hidamari

☆ログハウス那須ハイグランド(那須町)
https://airbnb.com/h/loghouse-nasu-highground

☆ハイジのログハウス(那須町)
https://airbnb.com/h/heidi-loghouse

☆ログハウスkizuki(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-kizuki

☆ログハウスせせらぎ(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-seseragi

ANAインターコンチネンタルで朝食を。GoTo中止で石垣島は悲惨な現状!家族旅行6日目

石垣島おすすめスポットは動画で!

今日はいよいよ帰る日です。

11:00石垣島発の飛行機なので、あまりゆっくりはできません。

レンタカーも返しているので遠くにも行けません。

しかし、奥さんが「インターコンチネンタルホテルで朝食食べたい」と言い出しました。

どこにあるんだ?と思ったら泊まっている民泊から車で5分も掛からない場所にあります。

さっそく荷物だけ先に片付けて、タクシーを呼んで石垣ANAインターコンチネンタルホテルに行きました!

インターコンチネンタルまでタクシー料金740円で着きました。

呼んだのに、こんなに安くて良いの?

中に入ると、なんとも素晴らしいホテル!

我々泊まってません!

泊まれませんもの。

高くて・・・。

しかし、朝食だけ食べに来てもいいんです。

ビジター客も受け入れています。

しかし、本館のレストランは、ブュッフェしかやっておらず、一人3,000円。

家族5人だと15,000円・・・。

朝食で、さすがに・・・。

「単品で頼めるカフェとか無いですか?」

と聞いたら別館の2階にあるとのこと。

9時OPENとのことで、ちょうど9時だったので歩いて2分ほどの別館に行きました。

こんな素敵な庭にプールがあるじゃない!

泊まってる気分で写真をパチリ。

別館に着いて2階に行くと、またまたおしゃれなカフェです。

子どもたちは一個500円位のパンを食べ、我々夫婦でサンドイッチとサラダとドリンクの付いたモーニングセットを一つだけ頼んでドリンクを一つ追加しました。

外のテラス席で庭を眺めながらの贅沢な朝食です。

もう、これだけで最高の贅沢気分を味わえます。

店員さんも「写真撮りましょうか?」とシャッターまで押してくれました。

泊まってもいないのに。

せっかく着たから写真撮りまくりです。

みんな、こうやってインスタに上げて「今日はインターコンチで朝食!あー、良く寝れた!」って投稿するんだろうな。

僕もそうやって投稿したら、「インターコンチネンタル泊まったの?」って思われるかな?

泊まってないけど。

でも、リーズナブルな民泊に泊まって、そこから5分のインターコンチネンタルで朝食ってのも贅沢気分味わえていいですよね。

泊まったのはここ!

☆New open!石垣島大浜
https://abnb.me/PAE4goxRcab

カップルで行くなら、朝食だけインターコンチネンタルで贅沢に過ごすのもありですね。

泊まれば数万だけど、朝食だけならブュッフェで3,000円ですからね。

今回のカフェは5人家族で6,000円掛かりました。

これでも高いけど、これだけ写真も取らせて貰って、朝一に行ったから一番の特等席のテラスのソファ席占拠できたから、十分に価値はあるでしょう。

このプールも素敵ですね。

いやー、泊まってみたい!

ホテル前のシーサーも立派過ぎます。

さて、朝食でゆっくりし過ぎました。

空港までタクシーで向かいます。

民泊に寄って荷物を積んで空港まで15分程で到着。

インターコンチネンタルから民泊に寄って向かっても2700円ぐらいでした。

飛び立つ時は絶好のシャッターチャンスです!

曇ってはいたけれど、サンゴ礁の海がきれいですね。

あー、名残惜しい石垣島、西表島、少しだけ竹富島の家族旅でした!

観光客が少な過ぎてどこに行ってもゆったりできます。

石垣島は悲惨な状況です!

僕の民泊にも是非来てください。

今回は珍しい寒波で11度という寒い日を経験しましたが、帰る日は18度と暖かく、普段は冬でも20度を超える暖かさです。

テレワークもできるので、コロナを避けて石垣島でゆっくりするのもありですよ!

☆New open!石垣島大浜
https://abnb.me/PAE4goxRcab

関東は緊急事態宣言も出るようです。

家の中でずっと過ごすとストレスも溜まります。

たまには息抜き、非日常を感じながら感染にビクビクせずに過ごしてください。

田舎で家族で過ごすのであれば自宅に居るのと変わりません。

石垣島へ是非来てください!