タグ別アーカイブ: 夏休み

旅行はダメなの?いいの?Go Toトラベルキャンペーンは使っていいの?

全国の感染者が8/7には1600人を超えました。

東京は外出自粛要請。

Go Toトラベルキャンペーンも対象外。

愛知は独自の緊急事態宣言。

そんな中で旅行を諦めた方も多いでしょう?

でもGo Toトラベルキャンペーンは続いています。

ある調査では、キャンペーン使用率はまだ3%ちょっとしか無いそうです。

で、結局、旅行には行っていいの?ダメなの?Go Toトラベルキャンペーンは使っていいの?

こういう疑問が出てきます。

政府は6指標の新指標を発表しました。

重症者や死者を増やさない方針で、ある程度の感染は許容しつつ経済活動を止めないという方針です。

旅行をしつつも、感染拡大を拡げない対策が求められます。

上記を受けて、僕の別荘民泊は下記方針で運営します。

・GoToトラベルキャンペーンは適用可能です

https://youtu.be/j6fLh8PHyfc

※Airbnbからの最新情報では、7/22〜9/1までの宿泊にはGo Toトラベルキャンペーンが適用されますが、9/1〜10月中旬までは適用外になるとのこと。

AirbnbがGoToトラベルキャンペーン参入を表明したのですが、手続き等体制が整うのが10月中旬以降になるようです。

このキャンペーンは非常に難解で解釈も難しく、こちらも振り回されています。

ただし、キャンペーンを使えなくても、元々安い金額ですので、リーズナブルに泊まって頂けます。(8/25追記)

・営業自粛要請が無い限り営業を続けます

・東京都在住の方のグループ旅行は、感染の危険があるためお控え下さい

・生活を共にする家族やカップルの宿泊は感染拡大には当たらない為に歓迎します

・宿泊の際は車での移動をお願いします

・買い物は済ませて来るか、現地で買い物をする際は一人か二人で

・人混みは避けて外出時はマスクを着用

・別荘の中で映画やバーベキューを楽しんだり、自然の中を散歩するなど、現地の方とは濃厚接触しないようにお願いします

コテージひだまりのベッドルームシアター

正しい知識を持って、感染拡大の危険を回避しながら楽しめば何も問題は無いと思います。

コテージひだまり

僕の別荘民泊がある場所は、那須町、都留市、伊豆の国市ですが、全ての場所で過去を含めて今までの感染者はゼロです。

何故ゼロなのか?

来ていただければ分かりますが、自然に囲まれた山の中にある別荘民泊ばかりです。

いわゆる田舎です。

人口密度も低く、人混みとは無縁です。

ログハウス那須ハイグランド

だから、感染予防をしていただければ感染拡大の可能性は極めて少ないのです。

だから、皆さんが旅行先に選んで下さっています。

新しい生活様式での旅行のテーマは

車で行ける近場旅。

他のお客様との接触が無いコテージや一軒家での宿泊です。

この環境を見てください。

コテージひだまり周辺を散歩

コロナの恐怖を忘れられます。

だって、人が少ないんですもの。

ハイジのログハウス

しかし、一方で、地元の人達は東京ナンバーの車を見ると不安が募るのも事実です。

悲しいかな、東京ナンバーでやってきた若い人のグループが団体でスーパーで騒ぎながら買い物をするという姿も目撃されています。

こういう一部のマナー違反の方がいると、地元からの反発を招きます。

しかし、ちゃんとマナーを守っていれば何も問題はありません。

誰にも迷惑を掛けず、感染拡大を防ぎながら、非日常を味わい、自然の中でコロナを忘れてゆっくり過ごして下さい。

【Airbnbからのご予約は下記まで!】

☆Fuji view skyliving コテージひだまり(伊豆の国市)
https://airbnb.com/h/cottage-hidamari

☆ログハウス那須ハイグランド(那須町)
https://airbnb.com/h/loghouse-nasu-highground

☆ハイジのログハウス(那須町)
https://airbnb.com/h/heidi-loghouse

☆ログハウスkizuki(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-kizuki

☆ログハウスせせらぎ(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-seseragi

星野リゾートの星野さんの言葉と、旅行業界のこれから。国内旅行のキーワードは、車で2時間、コテージやヴィラなど独立した建物で温泉が近い!

昨日、星野リゾートの星野さんのインタビューがニュース番組で流れていました。
ホテル業界で様々な革命を起こしてきた星野さんの言葉にはやはり重みがあります。

僕も星野リゾートには訪れたことがありますが、本当に居心地の良い空間を提供してくれます。
部屋の中だけでなく、ホテルの敷地内全てを使った演出が本当に素晴らしいです。

昨日のインタビューでは、「やっぱりビュッフェっていうのは素晴らしい」と、コロナで提供できないからこその、今までのサービスの利点が見えてきたり、Withコロナ時代の新しい在り方を模索していました。

その中でも近距離旅行から復活するという話がありました。
近距離とは、車で1時間圏内の旅行です。

昨日は、那須の星野リゾートを取り上げていましたが、僕も那須には2軒のログハウス別荘民泊があります。

那須は、東京からは2時間掛かります。
避暑地としても非常に人気の場所ですが、車で1時間圏内だと首都圏からは遠いので、まだまだお客様が戻らないということになります。

そこで、近隣からのお客様を呼び込む方策を取っていました。

これからの旅行業界はどうなるのか?
僕は、国内旅行はある程度復活をすると思っています。
星野さんが言うように、まずは近場の旅行からでしょう。
車で移動できる範囲というのもポイントになるかもしれません。
電車やバス、飛行機はまだ敬遠されます。
だから車移動なのです。

で、恐らく、今年の夏休みは、車での小旅行が増えてくるでしょう。

トラベルズーが取ったアンケートでも下記のような結果が出ています。

【調査概要】
調査目的:緊急事態宣言解除後の旅行意向の確認
調査期間:2020年5月12日(火)~5月17日(日)
調査対象:日本国内のトラベルズーメンバー
調査方法:インターネットリサーチ
有効回答数:4,306

この結果を見ていただいて分かるように、まずは、車で2時間圏内の、コテージやヴィラなど独立した宿泊施設で、温泉のある地域への個人旅行を楽しむ姿が見て取れます。

ちなみに、僕の別荘民泊は首都圏から近い場所から予約が復活しつつあります。

都留市は河口湖なども近く、都留にも駅前に新しい温泉ができましたが、少し足を延ばすと温泉は沢山あります。

東京からは90分圏内と近く、神奈川からだと1時間ちょっとです。
データ通り、まずは都留の予約から入りだしました。

6月中旬を過ぎて予約が入りだしたのが、那須のログハウス別荘民泊です。

やはり首都圏から距離があるため、緊急事態宣言解除前は予約が止まり、解除後も動き出しは遅かったです。
しかし、県外移動も解禁になってからは予約が入りだしました。
夏の避暑地として有名なこともあり、夏休みや夏の旅先としてやっと選ばれ出したという感覚です。

那須ハイランドパークという田舎にしては非常に充実した遊園地もあります。
ここは、夏休み以外はそれほど混雑しないため、コロナ期間も早々から営業再開していました。
また那須高原や那須どうぶつ王国など自然の中で楽しめる場所も多い為、コロナでも安心要因が大きいのでしょう。
那須は温泉も有名です。

僕の別荘の中で一番厳しいだろうと思われていたのは、伊豆の国市のコテージひだまりです。

一番のネックは東京からは2時間半掛かるということです。
2時間圏内が旅行する上で大事な時間と考えると、2時間半は少しオーバーです。
神奈川からでやっと2時間です。
最近、やっと予約が入りだしましたが、首都圏からの距離は、Withコロナの時代には少しネックになります。
しかし、逆に言うと穴場かもしれません。
ほんの30分足を延ばすだけで、穴場スポットです。
宿から15分~20分の所に有名な温泉もあります。
車で10分でオラッチェ牧場もあります。

このように、国内の近場の旅行は、僕の別荘民泊の予約状況を見ていても戻ってきました。
しかし、30日間の予約件数だけを見ていると、コロナ前のピーク時のやっと半分です。
ここ1週間で盛り返して30日単位で半分なので、1か月後にはかなり戻っている状態にはあると思います。

この数か月自宅待機生活が続き、「旅がしたい!」って方も多いでしょう。

安心安全な近場旅。

僕も、皆さんをしっかりと迎えられるように準備しています。

是非、各別荘民泊にお越しください!