タグ別アーカイブ: ログハウスせせらぎ

10月20日よりAirbnbにてGo Toトラブルキャンペーンの割引販売が開始!

お待たせしました。

お待たせし過ぎたかもしれません。

やっとAirbnbでのGoToトラベルキャンペーンを使った割引販売が始まります。

対象となる宿はAirbnbから予約をすれば、割引価格での予約ができます。

キャンペーンはAirbnbでの割引開始後、2021年2月1日までのチェックアウトの予約が対象です。(キャンペーン事務局からの発表により、期間は変更される場合があります。)

しかし、全ての宿が割引になるわけではありません。

宿としてGoToトラベルキャンペーンに申請して登録をした宿だけです。

僕が運営する民泊は、下記全てで利用可能です。

【Airbnbからのご予約は下記まで!】

☆New open石垣島大浜
https://abnb.me/PAE4goxRcab

☆Fuji view skyliving コテージひだまり(伊豆の国市)
https://airbnb.com/h/cottage-hidamari

☆ログハウス那須ハイグランド(那須町)
https://airbnb.com/h/loghouse-nasu-highground

☆ハイジのログハウス(那須町)
https://airbnb.com/h/heidi-loghouse

☆ログハウスkizuki(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-kizuki

☆ログハウスせせらぎ(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-seseragi

予約時には必ず割引販売になっているか確認をしてご予約下さい。

10月20日以降割引販売が始まりますが、順序開始とあるように、もしかしたら、宿によってスタートが異なる可能性あります。

とにかく10/20になったらAirbnbをチェックして下さい。

しかも、割引予約が開始されたら、予約が殺到する事が予想されます。

【予約が埋まる日程予測!】

①年末年始

僕の宿でも年末年始は既に予約が埋まりつつあります。

年末年始の旅行をお考えの方は、いち早く押さえた方が良いでしょう。

特に早い予約をオススメするのは石垣島!

今年はコロナで大変なことになりましたが、やっと復活の兆し。

年末年始の予約も今ならチャンスです!

☆New open石垣島大浜
https://abnb.me/PAE4goxRcab

リーズナブルに長期滞在するのに最適です。

多くのゲストが3泊以上の予約でご利用頂きます。

②10/31〜11/3の連休

月曜日を休みにしたら4連休です。

紅葉シーズンでもあり、僕の別荘民泊も残念ながら新規OPENの石垣島を除いて全て予約で埋まってしまいました。

石垣島は、チャンス!

☆New open石垣島大浜
https://abnb.me/PAE4goxRcab

③12月クリスマスシーズン

まだ予約可能!

クリスマスを素敵な場所で過ごしたいあなた。

☆Fuji view skyliving コテージひだまり(伊豆の国市)
https://airbnb.com/h/cottage-hidamari

サンデッキでは薪ストーブもあって、暖かい中でバーベキューが出来てしまいます。

夜はベッドルームシアターでごゆっくり!

④11/20〜23の3連休!

月曜日が勤労感謝の日で3連休ですね。

ここも既に予約で埋まっている場所が多いのですよ。

やはり、連休は人気です。

石垣島だけはOPEN直後で大丈夫です!

☆New open石垣島大浜
https://abnb.me/PAE4goxRcab

⑤やっぱり週末

そうなんです。やっぱり週末から埋まります。

今のところ、ほとんどの宿で12月まで週末は埋まっています。

AirbnbでGoToトラベルキャンペーンを使う場合は、2/1チェックアウトまでのご予約が割引対象になります。

従って、今から1月の週末の予約を狙った方がいいでしょう。

僕の宿で一番予約が取りにくいのは

1位 ログハウスせせらぎ

2位 ログハウス那須ハイグランド

です。

早目の予約がポイントです。

平日はまだ余裕がありますが、一ヶ月前を切ると予約が埋まってきますので、「まだ大丈夫かなぁー」なんて言っている内に予約が埋まります。

平日でも一ヶ月前にはご予約をオススメします。

もちろん、旅を思い立った時に空いてれば是非お越し下さい。

10月20日以降Airbnbで割引販売が開始されたら、人気の宿は争奪戦必至です。

チャンスは石垣島です!

成田からLCCの航空会社Peachを使えば最低片道8千円台で石垣に行けます。

☆New open石垣島大浜

https://abnb.me/PAE4goxRcab

コロナで無かったら直ぐに予約が埋まる宿です。

AirbnbのGoToトラベルキャンペーン割引販売は10月20日以降順序スタートです。

忘れないように、カレンダーに入れといて下さいね!

【Airbnbからのご予約は下記まで!】

☆New open石垣島大浜
https://abnb.me/PAE4goxRcab

☆Fuji view skyliving コテージひだまり(伊豆の国市)
https://airbnb.com/h/cottage-hidamari

☆ログハウス那須ハイグランド(那須町)
https://airbnb.com/h/loghouse-nasu-highground

☆ハイジのログハウス(那須町)
https://airbnb.com/h/heidi-loghouse

☆ログハウスkizuki(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-kizuki

☆ログハウスせせらぎ(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-seseragi

Airbnbで予約1000件達成!別荘民泊の未来を切り拓け!

ありがとうございます!

2017年に別荘民泊を始めて3年が経ちました。

Airbnbからのいきなりのお知らせ。

「ご予約1000件達成、おめでとうございます。」

✔2017年1月

ログハウスkizuki

☆ログハウスkizuki(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-kizuki

✔2019年5月

☆ログハウス那須ハイグランド(那須町)
https://airbnb.com/h/loghouse-nasu-highground

✔2019年9月

☆ハイジのログハウス(那須町)
https://airbnb.com/h/heidi-loghouse

✔2019年10月に都留市のログハウスせせらぎ

☆ログハウスせせらぎ(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-seseragi

✔2020年3月

☆Fuji view skyliving コテージひだまり(伊豆の国市)
https://airbnb.com/h/cottage-hidamari

ここまで5軒で1000件の達成です。

ご利用ゲスト数で言うと4,000名は超えているでしょう。

大変ありがたいです。

✔2020年10月

石垣島大浜

☆New open石垣島大浜
https://abnb.me/PAE4goxRcab

これからOPENになるのは

✔2020年10月末に伊豆の国市のコテージそらまど。

このそらまどが7軒目になります。

ここは、大人気のコテージになる予感がします。

大きな窓に開放的な空間。

バーベキュー場や薪ストーブもこれから設置します。

2017年に始めた時には、5年間で10軒OPENさせる計画で進めました。

計画では2022年に10軒ですが、恐らく2021年中に3軒OPENさせる予定なので、1年前倒しになるでしょう。

しかし、今になって由々しき問題が。

空き家再生、別荘再生により地域創生に貢献し地方を活性化させる!と始めた別荘民泊。

当時は物件が沢山ありました。

価格交渉も有利にできましたが、ここに来て物件がなかなか取得できない事態です。

コロナ後に買いに行った物件が連続で数件取得失敗。

講師業もあるため、新しい物件が出てもリアルタイムで見に行けず、やっと見に行ったら「昨日買付入りました・・・」

と言われたり、指し値して返答待ちしていたら、「満額買付入りまして・・・」

と、続けて先を越されました。

絶対に取得したいと思った物件も、少し条件合わないので躊躇していると、直ぐに買われてしまう状況です。

原因はコロナ。

実需の方は、セカンドハウスで田舎の別荘でゆっくりしたいという需要です。

田舎回帰、田舎の良さがコロナで見直されました。

投資目的もあります。

都市部の民泊は壊滅的です。

よって東京の業者の目が田舎の別荘物件に向けられ、投資家を連れてくるのです。

これで、物件取得競争が増しました。

別荘再生、地域創生に繋がるので嬉しい話ですが大変です。

「羽田さん!これだけライバル増えたら不利になるのでは?大丈夫ですか?」

と、聞かれますが、僕は自信を持って「大丈夫です!」と答えます。

なぜ大丈夫なのか?

それは、物件の差別化、価値訴求ができているからです。

投資目的で取得している人は投資効率を求めます。

無駄な設備は排除して価格も高く設定します。

見た目だけはキレイで一見良さそうな物件はできますが、そんな物件は沢山あるので差別化になりません。

やはり投資視点では無く、お客様視点で、どんな別荘が喜ばれるか?

どんなワクワクを提供したいか?

他の物件との差別化は何か?

とにかくゲストに喜んで頂く空間を創っているか?

この細部のこだわりが差別化を生むのです。

そういう努力を続けると、上位10%の人気別荘民泊になります。

どれだけ物件が増えても、ライバルが増えても上位10%に入れば実は予約は減りません。

物件が増えると言うことはお客様も呼び込みます。

そうすると予約が減るどころか、上位10%に入れば予約は集中します。

だって、人の目に触れる機会は増えますから。

差別化されない物件は淘汰されますが、上位10%は安泰と言うわけです。

事実、ライバルの多い那須の別荘地で、僕の物件はトップレベルの人気になっています。

物件管理をお願いしている会社は那須だけで何十軒も管理をしていますが、僕の物件がNo.1だそうです。

No.1ログハウス那須ハイグランド

オシャレで素敵な物件は他にも沢山あります。

でも、そこに負けない差別化要素がちゃんとアピールされているのです。

しかし、この那須ハイグランドより、高い予約率を誇るのが、都留市のログハウスせせらぎ。

予約率No.1ログハウスせせらぎ

ここは朽ち果て掛けたログハウスを改装費用だけでも700万円ぐらい掛けて創りました。

えらい予算オーバーで大変でしたが、想いを込めて丁寧に創った甲斐がありました。

伊豆の国市も盛り上がって来ました。

コテージひだまり

コテージひだまりはコロナ真っ只中の3月にOPENになり、全く予約が入らないまま一ヶ月経ち、「もう終わった・・・」と焦りましたが、その後人気の宿になりました。

ここは完全にコンセプトメイク勝負。

部屋の中ではなく、サンデッキに薪ストーブを置くという挑戦でした。

そして、次のNo.1候補が10月末にOPEN予定のコテージそらまど。

お金を掛ければ良い物件はできますが、むやみに掛ければいいものでもありません。

遊び心にしっかりお金を掛けます。

薪ストーブや大型TV,バーベキュー場など。

コテージそらまど

そらまどだって、購入時は下記のような感じです。

上記写真と同じ角度から撮影しています。

この空間を見て、改装後の姿を想像するのです。

分かりやすい変化を玄関のビフォーアフターで見てみましょう。

ビフォー
アフター

どうですか?

冴えない普通の住宅の玄関が見違えるほど素敵になります。

こうやって、丁寧に創りこむことで、非日常空間へと変貌を遂げるのです。

しかも、それをリーズナブルに提供する。

コストを掛けずに手掛けるからこそ出来るのです。

こうやって試行錯誤を続けて予約1,000件達成!

物件も7軒目まで増えました。

さて、これからが大変です。

数が増えると管理は大変になります。

同じやり方では限界です。

自分の時間の使い方も工夫が必要です。

物件開発の考え方も変えないとだめでしょう。

ライバルが増えると言うことは、自分はまた違うフィールドで戦うか?

それともライバルに圧倒的に勝つか?

ビジネスを実践しながら講師業ができるのも説得力を増します。

次の2000件は直ぐに達成するでしょう。

これからも楽しい別荘民泊を創っていきます。

コロナの影響で車で行ける近場旅にも注目が集まっています。

GoToトラベルキャンペーンも10月中旬からAirbnbでも割引販売が開始されます。

海外旅行はまだまだですが、国内旅行で楽しんで下さい。

是非遊びに来てください。

【Airbnbからのご予約は下記まで!】

☆New open石垣島大浜
https://abnb.me/PAE4goxRcab

☆Fuji view skyliving コテージひだまり(伊豆の国市)
https://airbnb.com/h/cottage-hidamari

☆ログハウス那須ハイグランド(那須町)
https://airbnb.com/h/loghouse-nasu-highground

☆ハイジのログハウス(那須町)
https://airbnb.com/h/heidi-loghouse

☆ログハウスkizuki(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-kizuki

☆ログハウスせせらぎ(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-seseragi

薪入りました!薪ストーブのある宿!Go Toトラベルキャンペーンを使って薪ストーブライフを堪能しよう

薪入りました!(冷やし中華始めましたみたいに言ってみた)

薪ストーブファンの皆様、お待たせしました。

薪ストーブの季節がやってきました!

Go Toトラベルキャンペーンを使って、薪ストーブライフを堪能しましょう!

10月中旬以降にAirbnbではGoToトラベルキャンペーンの割引販売が開始されます。

これはチャンス!

冬が来るのが楽しみになるのが、薪ストーブの魅力。

コテージひだまりの薪置き場

僕は薪が大好きなんです。

この薪置き場も、めちゃくちゃスペース取るじゃないですか?

都会の住宅だとなかなか場所が取れないですよね?

でも、田舎だと置き場所があるんです。

で、こうやって薪を置くだけで、なんかとってもカッコよくなるんです。

ため息出るぐらいカッコよく無いですか?

ログハウスと薪置き場。

最高最強の組み合わせです。

ログハウスせせらぎの薪置き場

薪の置き場所も工夫が必要です。

コテージひだまりは、最初は置き場所が無くて、仕方なく建物の脇に置いていました。

しかし、建物と植木が風通しを邪魔するんです。

見て下さい。

これでは通気が悪く、薪が乾かないのです。

こういう場所に置くと虫が湧く危険もあります。

薪ストーブ屋さんのHAIDA渡邊さんのアドバイスで場所を変えました。

ちょうど乾燥機を設置している場所が屋根もあったので、この場所の植木を切って風通しを良くして薪棚を設置しました。

これで、薪が乾きやすくなり、薪置き場としても最適です。

コテージひだまりは、今年の春にOPENしたので、薪ストーブの出番はあまりありませんでしたが、これから活躍です。

コテージひだまりの薪ストーブはチェスニーズ

ここは、なんと、サンデッキに薪ストーブを置くいう贅沢に挑戦しました。

こんな感じで、サンデッキでバーベキューをしながら薪ストーブで暖まるという贅沢です。

コテージひだまりと薪ストーブ

部屋の中ではなく、サンデッキで楽しむ!

しかも、このサンデッキからも富士山が望めます。

☆Fuji view skyliving コテージひだまり(伊豆の国市)
https://airbnb.com/h/cottage-hidamari

コテージひだまりのサンデッキから富士山

【山梨県都留市は冬も大人気宿に!】

山梨県都留市にある、ログハウスせせらぎとログハウスkizukiでは薪ストーブの煙突掃除も行いました。

ここは、実は冬でも予約が一杯になる人気宿です。

人気のポイントは

・東京から近い

・薪ストーブが楽しめる!

・標高500mなので意外と雪が少ない

・河口湖や山中湖からの富士山が絶景

・富士急ハイランドで遊びたい

2月は通常はオフシーズンです。

にも関わらず、稼働率が8割の人気です。

☆ログハウスkizuki(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-kizuki

☆ログハウスせせらぎ(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-seseragi

だから、薪ストーブメンテナンスもしっかりやります!

ログハウスせせらぎの薪ストーブはパシフィックエナジーT4

煙突内にすすが溜まると煙突火災の危険もあります。

ログハウスkizuki

薪ストーブがある宿がウリなので、薪ストーブで火事になったらシャレになりません。

薪ストーブがある別荘民泊として、メンテナンスも大切です。

しかし、たまに、物凄く雑で酷い使い方をされるお客様もいらっしゃいます。

薪ストーブの上で魚を焼いたのか?

べっとりと跡が残って大変だったり、薪以外のものを燃やしていたり。

薪ストーブは大変高価なものです。

火を直接扱いますので、使用方法を誤ると危険です。

マニュアルが設置されていますので、よく読んでご利用下さい。

薪ストーブは、質の悪い薪や、薪以外のものを燃やしてしまうと、煙突にすすがたまったり、ベトベトになって煙突を塞いでしまうこともあるようです。

【那須は冬が狙い目?】

また、那須にあるハイジのログハウスを購入したときには、数年放置されて薪ストーブも使っていなかったので、煙突に鳥の巣ががっつり作られていました。

その巣を取り除くのに薪ストーブ屋さんも悪戦苦闘。

大量の鳥の巣が出てきてびっくりしました。

ハイジのログハウスの薪置き場

ハイジのログハウスはコンパクトなログハウスですが、薪ストーブ一台で那須の冬も快適に過ごせます。

☆ハイジのログハウス(那須町)
https://airbnb.com/h/heidi-loghouse

ハイジのログハウス

那須は特に夏の避暑地として有名です。

だから、冬は本当に人がいません!

だから、静かな那須を楽しむには最適です。

那須にはスキー場もあります。

宿からも近いのでスキー場に行くにも最適です。

お店も夏のように混んでいません。

ハイシーズンでは行けない場所もガラガラですので、ゆっくり楽しめます。

ただ、冬の間は営業時間が短縮されていたり、閉まっている場合もありますので、確認してから出掛けてください。

ちなみに10月は那須のベストシーズンです。

なのに、夏ほど人気がありません。

こんなに素敵な紅葉が見れるのに!

マウントジーンズの紅葉

那須岳(茶臼岳)やマウントジーンズから見る紅葉は素敵ですよ。

秋の那須にこないなんて勿体ない!

ログハウス那須ハイグランドと薪ストーブ

那須の冬は長期滞在がオススメです。

都会の喧騒を忘れて、薪ストーブの炎を眺めながら冬籠りして下さい。

薪ストーブを囲んで家族団らんなんて素敵じゃないですか?

☆ログハウス那須ハイグランド(那須町)
https://airbnb.com/h/loghouse-nasu-highground

ログハウス那須ハイグランドの薪ストーブはINVICTA(フランス)

薪ストーブを楽しみたい方は、是非どうぞ!

薪は宿で10kg700円で販売しています。

ホームセンターで買ってきても良いですが宿で買う方がお得です。

薪ストーブがある宿は高級な宿が多いですが、ここで紹介した薪ストーブが使える宿は全てリーズナブルです!

週末は予約が取りにくい為、早目に予約を押さえて下さいね。

【Airbnbからのご予約は下記まで!】
☆石垣島大浜
https://abnb.me/PAE4goxRcab

☆Fuji view skyliving コテージひだまり(伊豆の国市)
https://airbnb.com/h/cottage-hidamari

☆ログハウス那須ハイグランド(那須町)
https://airbnb.com/h/loghouse-nasu-highground

☆ハイジのログハウス(那須町)
https://airbnb.com/h/heidi-loghouse

☆ログハウスkizuki(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-kizuki

☆ログハウスせせらぎ(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-seseragi

【注意!】Airbnbにて10月中旬よりGo To トラベルキャンペーン始まるが使えない宿もある?

いよいよAirbnbでもGoToトラベルキャンペーンが始まります。

しかし、注意が必要ですので、正しくGoToトラベルキャンペーンを使いたい方はしっかり読んでください。

伊豆の国市パノラマパーク

このキャンペーンは非常にややこしいのです。

まずは、AirbnbでGoToトラベルキャンペーンが使える条件を確認します。

①10月中旬以降、Airbnbにて割引販売が始まってから予約をする

(10/16追記)Airbnbの割引開始時期は10月20日より順次の予定です。

②宿がGoToトラベルキャンペーンに申請済みで許可を得ている

③キャンペーン適用に必要な情報をちゃんと入力する

結構、お客様も勘違いしている方が多いので注意をして下さい。

修善寺

GoToトラベルキャンペーン期間中は旅行行けば全てが割引の対象になるとは限りません。

宿が申請していなければ、割引対象にならないのです。

一番簡単なのは、AirbnbでGoToトラベルキャンペーンの割引販売が始まってから予約をすることです。

GoToトラベルキャンペーン申請していない宿は割引販売の対象にならないので、予約時に分かります。

ここで疑問が湧くのは、「既に10月中旬以降の予約をしている場合はどうなんの?」という疑問。

コテージひだまりでバーベキュー

これは、恐らくそのままだと適用になりません。

その場合は一旦キャンセルをして、割引販売が始まったら予約を取り直す必要が出てきます。

この場合のキャンセル料は掛からない(政府が負担)と言われていますが、Airbnbの宿の多くは一ヶ月以上前のキャンセルは無料が多く、僕の宿は5日前からキャンセル料は掛かりますが、それまでは無料なので、あまり影響はありません。

キャンセルポリシーを確認して、キャンセル料が掛からない間に手続きをするとスムーズです。

とは言え、これ、正直めちゃくちゃ面倒です。

しかも、キャンセルした瞬間に他の人に予約を取られたらどうすんの?

ってことも無いとは言えません。

しかも、割引販売が始まったら、人気の宿は速攻予約が埋まります。(僕の宿も週末は速攻埋まります)

だから、早目に予約は押さえて、10月中旬以降割引販売が始まったら、Airbnbのカスタマーに連絡を入れてみて下さい。

カスタマーの方で操作をすれば、キャンセルしなくても割引販売の対象になるように予約を変えてくれるかもしれません。

(10/16追記)Airbnbでも一旦キャンセルをして予約を取り直す方法を案内しているようです。

恐らく該当の予約が大量にあるので、手が回らないし、自己責任でやって下さいってことでしょう。

こちらの対応はまだ分からないのですが、10月中旬以降に割引販売が始まればアナウンスされるでしょう。

(10/16追記)10/20より割引販売がスタートとアナウンスあり。

とにかく、割引販売が始まる前に予約は押さえておくことをオススメします。

ちなみに、僕は宿が独自で割引販売ができるようにGoToトラベルキャンペーンに申請をしています。

下記3軒の別荘民泊はAirbnbの割引販売が始まる前でも割引が適用になります。

☆Fuji view skyliving コテージひだまり(伊豆の国市)
https://airbnb.com/h/cottage-hidamari

☆ログハウスkizuki(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-kizuki

☆ログハウスせせらぎ(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-seseragi

予約時にGoToトラベルキャンペーンの申請の方法をお知らせしています。

なぜ宿独自の割引が可能なのか?

これもまた説明するとややこしいのですが、GoToトラベルキャンペーンの申請は3種類あります。

このパターンAで登録している宿は、Airbnbの割引販売が始まらないと割引で販売ができないのです。

僕はパターンBで登録をしました。

第三者機関は日本民泊協会に登録をすることで、独自の割引販売ができるようになるのです。

しかし、実は僕も最初はパターンAで登録していました。

なぜならAirbnb経由でしか予約を受け付けないから。

でも、宿としてGoToトラベルキャンペーンに登録をしていれば、割引できると思ってたのです。

しかし、GoToトラベル事務局の説明も二転三転してひと悶着ありましたが、結論、割引できないとのことで、大混乱に陥った訳です。

それが分かって、慌ててパターンBで申請をし直して、独自でも割引可能になりました。

しかし、これ、何でわざわざ3種類の登録があるのか疑問です。

実際に登録をしたのですが、パターンAもBも多少提出書類は増えますが、登録する労力はあまり変わりません。

恐らくパターンCの登録も大差が無いでしょう。

じゃぁ、3種類の登録にしないで、全てを包含する登録一つでいいのではないか?

独自の販売をする宿は第三者機関の登録をすればいいだけで、申請は一種類でよいのです。

3種類に分けるからややこしいのであって、一番厳しい登録方法にして、3種類どれでも使えるようにすれば煩雑になりません。

コテージひだまりと富士山

〈実はもっと大きな問題が!〉

GoToトラベルキャンペーンは旅行代金から35%割引と、地域クーポン券15%分が貰えます。

しかし、このコロナ下で非対面を推奨しているにも関わらず、宿独自の割引の場合は、このクーポンを紙で渡す必要があるのです。

旅行会社経由なら電子クーポンでもOKなのに、宿は紙のクーポンです。

事務局から束で送られてくるそうです。

僕の別荘民泊は全て非対面です。

チェックインも自動でチェックインを行います。

どうやって渡すの?

クーポンをお客様に郵送するのでしょうか?

使用は宿泊の当日か翌日までです。

予約のタイミングによっては早目に郵送できますが、直前だと対応できません。

しかも、クーポンを渡すためだけに、こんなハンコのセットも送られてきました。

まじか?経費めちゃくちゃもったいない。

電子クーポンなら簡単なのに、なぜ電子クーポンにしないのか?

え?電子クーポンが使える場所が少ない?

いやー、このオペレーションやってたら、そりゃ、大変でしょう。

委託費が高く付くのも理解できます。

恐らくクーポンが使える場所も限定されるので、恩恵を受けるのはごく一部の店です。

だったら、素直に50%割引で、安くなった分観光で使ってね!で、良いのでは?

なんだか、複雑難解にして、自分たちの仕事を増やしています。

と、言うことで、僕の宿はクーポンは配らない方針です。

郵送するのもオペレーション大変ですから。

ちなみに、webで行われた説明会で、「非対面で受付している宿は紙のクーポン渡せません。どうすればいいですか?」と質問しましたが、回答は無かったです。

余ったクーポンは返送することになっています。

この往復送料、紙代、ハンコなどの備品代。

全て無駄です。

早くデジタル庁創設して、このような無駄を是非無くしてほしいです。

本来はAirbnbも9月から割引販売ができれば良かったのですが、申請が遅れたのは、この煩雑なシステムが原因でしょう。

宿もGoToトラベルキャンペーン申請していない宿も多いですが、なんせ手続きも大変ですし、小さい宿でスタッフも少ない所は、面倒だからやらない!という判断をしたところもあるでしょう。

僕はITリテラシーは低くないので、なんとか調べたり問い合わせをして対応していますが、年配の経営者は、お手上げでしょうね。

どちらにせよ、Airbnbの割引販売が始まれば、何も面倒なことなくキャンペーン価格で泊まれます。

1月末までなので、冬休みも使えますね!

皆さんのお越しをお待ちしています!

10月中旬以降、Airbnbで割引販売が開始されれば、下記宿は全て割引対象です。

【Airbnbからのご予約は下記まで!】

☆Fuji view skyliving コテージひだまり(伊豆の国市)
https://airbnb.com/h/cottage-hidamari

☆ログハウス那須ハイグランド(那須町)
https://airbnb.com/h/loghouse-nasu-highground

☆ハイジのログハウス(那須町)
https://airbnb.com/h/heidi-loghouse

☆ログハウスkizuki(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-kizuki

☆ログハウスせせらぎ(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-seseragi

簡易宿所の登録を自分でやってます。

民泊OPENの時に必要なのは、民泊や簡易宿所の登録です。

僕はできるだけ簡易宿所が可能な物件を取得し、簡易宿所で登録します。

1号は、山梨県都留市のログハウスkizuki

僕も最初は簡易宿所は難しいと思って、民泊で申請しようとしました。

保健所にまずは相談に行ったんです。

そしたら担当者の方が「簡易宿所で登録しても同じですよ。どうせ登録するなら簡易宿所でやった方がいいですよ」

「えっ?そうなんですか?できるんですか?」

「結局消防の設備とか、求められる条件は民泊と同じですから」

民泊は営業が180日まで。

簡易宿所は制限無し。

だったら簡易宿所で登録した方がいいに決まってます。

まず、自分で登録をするには、自治体によっても、条件によっても違いますが、下記機関との連携が必要です。

・保健所・・・簡易宿所の許可証を出す

・消防署・・・消防関連の許可証

・建築事務所・・・簡易宿所許可条件の確認

・衛生局・・・水質汚濁法関連

とにかく何も分からない段階では、管轄の保健所に連絡をして、図面を持って相談に行けば、申請方法を一から教えてくれます。

最初慣れないときは何度も通いました。

次に消防です。

火災報知器の設置場所、非常灯設置の確認、防炎カーテンなど消防法に沿った内装になっているかの確認です。

最初は取り敢えず申請まで3ヶ月ぐらい見ているといいでしょう。

時間が無い人やサラリーマンだと、ちょっとキツイかもしれません。

相手はお役所ですから平日午後5時ぐらいまでしか対応してくれません。

そういう場合は、申請の代行を頼みましょう。

全てやってくれるので大変楽ちんです。

ただし、自分でやった場合は印紙代2万〜3万程度で済みます。

プロにお願いすると20万円前後は掛かります。

また、非常灯を付けるか付けないかでも費用は大きく変わります。

非常灯必要となると、火災報知器も含めて工事代で15万円程度は見ておく必要があります。

これも、簡易宿所を開業する場所によって基準が違うため、一軒家で見通しが良い場所だと非常灯がいらない場合もあり、二階と一階両方に必要な場合もあります。

一番費用が掛かった所は、消防への申請もお願いして、工事、申請書類作成含めて40万円程掛かりました。

違う宿は報知器も自分で買って付けて、非常灯も必要ないので、実費5万円ほどで済んだ宿もあります。

報知器は自分で買って付けられます

さて、自分で申請するとなると、難解な申請用紙に自分で記載する必要があります。

これが、お役所の書類なのでややこしい。

また、保健所に提出する書類も分からないことだらけ。

上水、下水の方式は?

下水処理の方法は?

家の周りにあるマンホールとか開けたこと無いでしょ?

浄化槽が何人槽とか考えたことないし!

下水の経路を書いて下さいって、えっ?

下水ってどこに流れていくの?考えたこと無いしってことを知ることができます。

マンホールを開けて水が流れる場所を確認するんです。

流れてる!

最初は全く分からないことだらけなので、時間が掛かる訳です。

お風呂の水を抜いて下水が流れるところを確認したりしました。

今では、5人槽ですね。浸透枡です。

なんて、分かるようになるんです。

一日に使う水の量なんて書く欄があるのですが、知らんし!って感じで何リットルと書けばいいのか見当も付かない。

でも、調べると出てくるもんです。

家族5人の平均使用水道量とかあるんです。

1棟目は、本当に苦労しました。

しかし、次からはコピペでOKなので、めちゃくちゃ楽ちんです。

保健所にも2度行くだけで申請も一発OKになるんです。

工事さえ終えていれば、一ヶ月から一ヶ月半位で許可が下りると思います。

物件取得から、大体3ヶ月でOPENに漕ぎ着けます。

やはり、工事がどれぐらいで終えられるかがキモですね。

工事が終わらないと調査にも来てもらえず、どんどんずれ込みます。

工事の日程に合わせて申請の段取りも組むと良いでしょう。

ちなみに、他社に申請を依頼したこともあります。

しかし、結果、自分が申請をした時よりも時間が掛かり、OPENも遅れた場合もあります。

スケジュールの組み方が悪いと、後手に周り時間が掛かってしまうのです。

工事が大変だったのもありますが、物件取得からOPENまで9ヶ月以上掛かった物件もありました。

あまり人任せにするのも良くないですね。

コテージそらまど(工事前)

さて、今は10月末OPEN予定のコテージそらまどの申請準備をしています。

もうすぐ内装工事が終わります。

早く生まれ変わった部屋を見てみたいです。

【Airbnbからのご予約は下記まで!】

☆Fuji view skyliving コテージひだまり(伊豆の国市)
https://airbnb.com/h/cottage-hidamari

☆ログハウス那須ハイグランド(那須町)
https://airbnb.com/h/loghouse-nasu-highground

☆ハイジのログハウス(那須町)
https://airbnb.com/h/heidi-loghouse

☆ログハウスkizuki(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-kizuki

☆ログハウスせせらぎ(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-seseragi

株式会社Villa Reproに込めた想いは?

Villaは、別荘

Reproはリプロダクションの略語で再生を意味します。

株式会社Villa Repro(ヴィラリプロ)

3年前は趣味の延長で始めた民泊です。

1棟目はレトレなログハウスkizuki

☆ログハウスkizuki(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-kizuki

事業として本格的に取り組むために2019年12月に会社を設立しました。

既存の会社は講師業をする会社なので、事業としては全く違うのと、財布を別にするために、別荘民泊用の会社にしたのです。

5棟目コテージひだまりは、Villa Reproとして最初の別荘民泊

放置別荘の再生を通じて、空き家問題の解決や、地域創生に繋げたいという想いです。

田舎は人口が減り、過疎化によって街は衰退します。

しかし、田舎には素敵な場所が沢山あります。

だったら、都会から人を呼び込み、観光需要を増やし地域創生に繋げるのです。

都会からの移住を促す方法もありますが、僕はそれはハードルが高い気がします。

まずは、その土地の魅力を発信し、観光で来てもらうのです。

実際に泊まって、観光して土地の良さに気が付いたら、「ここに住みたい!」ってなると思います。

僕は石垣島が大好きですが、観光で何度か行ってみて、「住みたい!」って思いました。

山梨県の都留市なんて、全く知らない街でしたが、行ってみて、泊まって初めて住みたい街になりました。

今はコロナでだめですが、田舎は外国人からも注目され人気の観光スポットにもなってます。

再生させたログハウス那須ハイグランド

☆ログハウス那須ハイグランド(那須町)
https://airbnb.com/h/loghouse-nasu-highground

僕が別荘を探して、様々な別荘地に行った時に愕然としました。

バブル期に流行った別荘地が衰退し、放置された別荘が至るところにあるのです。

このまま、素敵な場所が荒れるのは勿体ない。

相続でも誰もいらない別荘をなんとか活用できないものか?

そんな時に流行ってたのが民泊です。

しかし、中心は東京や大阪、京都と言った主要都市です。

この民泊は、観光地の別荘でも需要があるのではないか?

僕の一棟目の別荘民泊は2017年です。

丁度民泊新法が施行される前でした。

それまでは違法民泊が沢山あり問題になっていました。

僕は将来性を考えて、合法的に運営しようと、民泊ではなく、簡易宿所として登録しました。

民泊は営業日数の上限が180日なのに対して、簡易宿所は上限がありません。

少しハードルは上がりますが、簡易宿所で申請をしました。

都留のログハウスは、バブル直後に分譲された八軒のログハウス集落でしたが、寂れてしまい、八軒の内3軒が空き家になっていました。

その後もう一軒も購入し、他の一軒は不動産屋がリフォームし売却され、見事にその集落は復活したのです。

ログハウスせせらぎ

☆ログハウスせせらぎ(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-seseragi

ほんの小さな街の一つの集落ですが、放置別荘を再生させることで、生き返ったのです。

まさに、これが、僕が求めていた姿です。

世の中は新しいもので溢れています。

人口は減っているのに新しい家はどんどん建ちます。

その結果、日本中に空き家が数百万戸も溢れています。

これは非常に勿体ない。

僕が別荘を買う時も、元々は立派な建物なのに、誰も使わずに放置されていた為に、床は腐り、デッキは朽ち果ててボロボロになってしまった物件が多いです。

そのままの状態だと買い手もなかなか付きません。

そうなると朽ち果てていくのを待つだけです。

これは、勿体ない。

物件を買う時に売主さんを説得することもあります。

「想い出が詰まったこの別荘を、僕がしっかり再生させます。任せてください!」

想い出の場所がこのまま残るのであれば・・・と、売却を決断して頂いたこともありました。

こうして、誰にも使われず負の資産になっていた別荘が蘇り、多くのゲストの皆さんが楽しんで、想い出を作る場所になるのです。

ハンモックが絶大な人気のハイジのログハウス

☆ハイジのログハウス(那須町)
https://airbnb.com/h/heidi-loghouse

2020年10月末にOPEN予定なのは伊豆の国市の別荘地にある、コテージそらまど。

伊豆の国市にはコテージひだまりがあります。

どちらも別荘から富士山が見えます。

また、雨でもバーベキューができる場所があるのも特徴です。

コテージそらまど

コテージそらまどは、ここから生まれ変わります。

バーベキュースペースも新設する予定です。

こうやって放置別荘もしっかり再生させ、新たな魅力を加えると、人気の別荘民泊となるのです。

これからも徐々にではありますが、別荘民泊の数を増やし、2022年中には10軒OPENを目指し、その後も年間2軒〜3軒のOPENを目指します。

もっと拡大路線で行く方法もあると思いますが、僕は講師業を本業としており、別荘民泊業はとにかく自分のペースで、リスクを軽減し安定的に経営していく方針です。

無理をするとキャッシュフローが苦しくなります。

今は、ほぼ自己資金だけで運用しているため、キャッシュフロー上はマイナスになり難い構造です。

コロナで打撃を受けましたが、それでもこうやって新しい別荘民泊をOPENできるのは、キャッシュフローを考えてリスクの少ない運営をしているからです。

これは、お客様にとってもメリットです。

損益分岐点が非常に低いため、宿泊費も安く設定できます。

もし、これが借り入れをして物件を取得していたら、キャッシュフローがマイナスにならない為に、宿泊費も高めに設定する必要があります。

固定費が低いと、例えコロナで稼働率が低くなっても赤字にはなりにくいのです。

しかし、その分別荘民泊の数を増やすのは時間がかかる訳です。

別荘民泊はゲストも一棟別荘にリーズナブルに泊まれてお得ですし、空き家問題や地域の活性化にも繋がるので、皆がWin-Winになるのです。

コテージひだまりからの富士山

今は、コロナでインバウンド需要は無いですが、中長期的に見ると、インバウンドの受け皿にもなります。

日本はこれから少子高齢化です。

人口がどんどん減る中、国外から観光客や働き手も含めて呼び込む必要があります。

政府もインバウンドを増やしていく方針です。

コロナが落ち着けば、インバウンドも中長期的には拡がって行くでしょう。

世の中の社会問題を解決する手段が別荘民泊なのです。

と、難しいことは置いといても、是非、田舎暮らし体験、別荘民泊を楽しんでみて下さい!

特に僕の別荘民泊はバーベキューもでき、映画も見れるので、ご家族の利用と、男女グループでの利用が多いです。

ぜひ、色んな別荘民泊に泊まって見て下さい。

【Airbnbからのご予約は下記まで!】

☆Fuji view skyliving コテージひだまり(伊豆の国市)
https://airbnb.com/h/cottage-hidamari

☆ログハウス那須ハイグランド(那須町)
https://airbnb.com/h/loghouse-nasu-highground

☆ハイジのログハウス(那須町)
https://airbnb.com/h/heidi-loghouse

☆ログハウスkizuki(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-kizuki

☆ログハウスせせらぎ(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-seseragi

10月中旬よりAirbnbでもGo Toトラベルキャンペーン始まる!予約はお早目に!

やっとこさAirbnbでもGoToトラベルキャンペーンが始まります。

しかし、この事実はあまり知られてあないのでは?

僕が所有する別荘民泊は5軒全てでGoToトラベルキャンペーン申請許可済なので、適用可能です。

Airbnbから予約するだけで、自動的にGoToトラベルキャンペーン適用になり、割引価格で泊まれます。

一番人気は、山梨県都留市にあるログハウスせせらぎ。

正直キャンペーンが本格的に告知されると、速攻で予約埋まります。

今の内に予定決めて予約を入れて下さい!

☆ログハウスせせらぎ(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-seseragi

一番狙い目は10月末OPEN予定の伊豆の国市のコテージそらまど。

こちらは、予約開始になれば、こちらのブログで紹介します。

ブログをフォローしておいて下さいね。

那須は10月中旬過ぎると薪ストーブが楽しめる季節です!

寒すぎずに薪ストーブも堪能できる贅沢な季節です。

ログハウス那須ハイグランド

別荘民泊は、全て薪ストーブ付き!

僕は薪ストーブマニアでもあるのです。

世の中、こんなに薪ストーブを持ってる人も少ないと思うので、そろそろ「薪ストーブLife」に出たいです!

ハイジのログハウス
ハイジのログハウス

実は、薪ストーブがあるお陰で閑散期である冬の間も予約はあまり減らないのが都留市や伊豆の国市の別荘民泊です。

伊豆の国市のコテージひだまりは、なんと、サンデッキに薪ストーブを置くという、贅沢な使い方をしました。

富士山を見ながら薪ストーブの炎を眺めるという贅沢を味わいたくて、設置しました。

コテージひだまり

これ、めちゃくちゃよくないですか?

ログハウスせせらぎ

薪ストーブとして僕が一番お気に入りは、これ!

パシフィックエナジーの赤!

この赤に惚れたのよ!

ログハウスせせらぎにあります。

GoToトラベルキャンペーンの詳細はこちら!

https://www.airbnb.jp/d/gototravel-faq

具体的な日程が決まれば旅行者向けのアナウンスも出てくると思います。

しかし、アナウンスされてから予約するとなると、予約が取れない可能性があります。

今から是非早目に予定を押さえておいてください!

GoToトラベルキャンペーンを使ってAirbnbでお得に別荘民泊に泊まってくださいね!

【Airbnbからのご予約は下記まで!】

☆Fuji view skyliving コテージひだまり(伊豆の国市)
https://airbnb.com/h/cottage-hidamari

☆ログハウス那須ハイグランド(那須町)
https://airbnb.com/h/loghouse-nasu-highground

☆ハイジのログハウス(那須町)
https://airbnb.com/h/heidi-loghouse

☆ログハウスkizuki(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-kizuki

☆ログハウスせせらぎ(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-seseragi

続・事務局への問い合わせ!Go ToトラベルキャンペーンはAirbnbで使える可能性ある!?

GoToトラベルキャンペーン事務局に問い合わせました。

結論、9/1以降AirbnbでGoToトラベルキャンペーン使えるのか?

※前回問い合わせの事務局の酷い対応はこちら。この電話の折返し電話がありました。

https://youtu.be/QxpSdRinxA4

色々制度が複雑なので説明するとややこしくて頭がおかしくなるので、説明しませんが、8/28折返し頂いた電話での、現在の事務局の回答は下記の通り。

・9/1以降Airbnb経由でのGoToトラベルキャンペーンは適用されない

・10月中旬以降Airbnbにて割引が開始されれば適用される

しかし、「あくまでも現時点でのシステムでは適用されまんが、ご存知のように毎日のように制度は変わっていますので将来はどうなるかは分かりません」

という話です。

この回答の深層には、「我々も振り回されて辟易としてるんです」という声が聞こえました。(あくまでも憶測)

この答えに対して僕はこう返しました。

「現時点での回答は分かりました。もしそうだとしたら、9/1以降大混乱しますよ。8月末まではGoToトラベルキャンペーン使えたのに、9/1以降使えなくなるってお客様だって混乱しますよ。折角入った予約だってキャンセルになったり大混乱ですよ」

「はい。それは確かに仰ることは分かります。私も個人的にはそうはしたくないと思いますので、上にも伝えておきます」

「僕の要望は、8月末までと同様、旅行者が事後申請できてGoToトラベルキャンペーンが適用されるようになれば、我々も救われますので、事後申請可能にして下さい」

「分かりました。そう言ったご要望があることを上にもお伝えしておきます」

と、いう感じでした。

ただ、他の事業者の方が問い合わせた時は、「9/1以降も高い確率で事後申請が可能になると思います」

という回答とか、「9/1以降も旅行者による事後申請可能でGoToトラベルキャンペーン使えます」と、断言する回答もあったのです。

要するに、回答する担当者によって、答えがまちまちってことです。

この事実を伝えましたが、「統一性の無い回答で申し訳ありません。情報共有して、そのようなことが無いようにします」と。

「でも、本当は9/1直前で事後申請可能になるってアナウンスすること決まってるけど、今は言えないとか?議論の中では出てきているから他の担当者が、先走って答えてるんじゃないですか?本当は」

って、えぐりました。

「現時点では、何も聞かされていないですが、そうなるともならないとも言えないです。正直わからないですが、あくまでも現時点では使えないということです」

なんとも言えない回答。

と、いうことは、9/1直前、もしくは9/1以降に、「救済措置として9/1以降も旅行者による事後申請が可能に制度が変わります」と、アナウンスがあるかもしれません。

と言うか、そうしないと、大手だけが有利で、小規模宿泊事業者や旅行会社は恩恵を受けられないことになります。

こんな不公平な制度はありません。

観光業、宿泊事業者を守るためのGoToトラベルキャンペーンなはずです。

登録をした全ての事業者がGoToトラベルキャンペーンの対象にならないと意味がありません。

このキャンペーンは、多くの宿泊事業者が適用されるのを諦めて登録もしていません。

複雑過ぎて分からないからです。

僕は散々調べて登録もいち早く済ませましたが、制度の落とし穴に落ちてさまよいました。

ただ、そもそも高級ホテルや旅館と違って、宿泊代金が安い宿です。

5人で宿泊しても25,000円〜30,000円程度の宿泊費です。

だから、GoToトラベルキャンペーン使って高い旅館泊まるよりよっぽどお得です。

もし、9月以降も適用可能になれば、ラッキーだと思って下さい。

まぁ、それにしても、毎回GoToトラベル事務局に問い合わせても電話口の担当者は「少々お待ちください。確認してまいります」「現時点ではお答えできませんので、折り返します」

って、分からないことを問い合わせる窓口が分からない複雑な制度って何それ?

って思います。

週明け、良い方向で制度が変わることを期待しています。

もしくはGoToトラベル事務局は、弱者を切り捨てるのか?

恐らく現場の大混乱をお上はご存知無いのでしょうね。

【Airbnbからのご予約は下記まで!】

☆Fuji view skyliving コテージひだまり(伊豆の国市)
https://airbnb.com/h/cottage-hidamari

☆ログハウス那須ハイグランド(那須町)
https://airbnb.com/h/loghouse-nasu-highground

☆ハイジのログハウス(那須町)
https://airbnb.com/h/heidi-loghouse

☆ログハウスkizuki(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-kizuki

☆ログハウスせせらぎ(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-seseragi

9月から大混乱必死!Go Toトラベルキャンペーンの欠陥が問い合わせで明らかに!

いやー、まいりました。

Go Toトラベルキャンペーン。
大手の旅行会社やサイトからは既に割引販売が始まっていますが、中小や民泊などは大混乱が始まります。

これは、これから旅行をする方も大変な混乱に巻き込まれますし、宿泊事業者も大変なことになります。

まず、僕の宿はGo Toトラベル参加宿泊事業者として、登録し承認されました。

しかし、なんと、8月末までは割引が適用されたのに、9月1日以降はGo Toトラベルが適用されなくなるという大変な事態になっています。

当然使えると思って申請したのに、使えないのです!

この状況に陥るのは、Go Toトラベル事業の宿泊事業者でAで登録した宿です。

登録には上記3パターンあります。
僕の別荘民泊は、AirbnbもしくはBooking.comで予約が可能です。
ようするに予約サイトからの予約しか受け付けていないのです。
だから、パターンAで申請をすれば良いと思っていました。

しかし、これが落とし穴。

Aであったとしても、そもそもその予約サイトがGoToトラベル事業に参画していないと、Go Toトラベルでの還付が適用されないのです。

8月末までは旅行者が宿からの宿泊証明書を貰えば申請して還付が受けられました。

しかし、9月1日以降は旅行者からの申請はできません。

よって、既に割引販売された旅行に適用されるか、もしくは、BかCで登録をして宿泊事業者が直販している場合にしか適用されないというのです。

はい、もうこの時点で「わけわかんねーーーー」って声が聞こえてきました。

僕はそもそも予約サイトからしか予約を受け付けていないので、Aの申請で大丈夫と思っていたのに、予約サイト経由でも

・予約サイトそのものがGo Toトラベル事業に参画していること

・予約サイト経由で予約しても、支払いの際に宿に直接支払うと、それは直販になるということ

いや、それは知らんよ。聞いてないよ。

しかも、これ、Go Toトラベル事業の問い合わせでも、担当者が理解してなかったからね。

ここからはGoToトラベル事業への問い合わせでのやり取り。

担当「Booking.com経由で予約したなら、宿で直接支払っても還付はされると思うのですが」

羽田「えっ?それは誰が申請するのですか?Booking.comが申請しないとダメですよね?でも宿に直接支払っているんですよ。Booking.comが申請して宿に還付金振り込むんですか?自分たちがお客様から集金してないのに?」

担当「・・・。ちょ、ちょっとお待ちください。確認してきます・・・・・・・・・。
すいません、私が認識不足でした。宿に直接支払った場合は、宿からの申請が必要なので、BかCでの登録が必要ですね。Aでは還付されません」

羽田「でしょ?これ、9月以降、大混乱起こりますよ。旅行サイト経由で予約取っている宿はAで申請すれば良いと思いますから。8月末までは還付されたのに、9月以降適用されないって大トラブルですよ。だって、Go To使えるって言って9月以降も予約しているわけですから」

担当「はい、その場合は、BかCで申請をし直していただくしかないですね。」

羽田「申請は今日しましたけど、これ申請が通るのどれぐらいですか?」

担当「ただいま、大変込み合っていまして、2週間、もしくは3週間ほどかかるかと」

羽田「それは承認下りたら、承認前の予約も適用されるんですか?」

担当「いえ、承認されてからの予約しか適用されません」

羽田「えっ?じゃぁ、申請の業務が立て込んでて許可出すのが遅れました!って言われたら、キャンペーンも適用されないってことですか?そちらのさじ加減で、我々待たされるわけですよね?」

担当「大変申し訳ございません。そうですね」

羽田「せっかくGo To使えるって予約増えて、使えないってなった瞬間、またキャンセルの嵐ですよ。お客様にも大迷惑かける訳ですよ。これ、事後申請もOKにならないんですか?そうしないと大混乱ですよ」

担当「今のシステムではどうしようも無いですね。もちろん、そういう声があることは上にも上げますが・・・」

羽田「だったら初めからBとかCで申請してたのに、旅行サイト経由でしか予約を取らない宿はAで申請って態々書いているからAで申請したんですよ。これ救済処置無いと、本当に他の宿含めて全国的に大混乱ですよ。どうするんですか?」

担当「はい、おっしゃる通りですね・・・。しっかり上に伝えておきます」

羽田「ちゃんと、上に伝えてくださいね。本当にクレームの嵐になりますから」

というやり取りでした・・・。

ちなみに、Go Toトラベルキャンペーンは、様々な所で混乱を招いています。

Booking.comにも電話をしました。

そしたら、その担当者がとても良い方だったのですが、ぶっちゃけでこんな話をしてくれました。

B社担当「正直Go Toトラベルキャンペーンは本当にややこしくて、私たちにも良く分からないんです。会社側も研修とか無くて、担当が個人で色々調べて対応しているので、恐らく担当によっても答えとか違うと思うんですよ」

Booking.comの場合は、オンライン決済でBooking.comに宿泊者が直接宿泊代金を支払うときのみGoToが適用されるのです。

しかし、宿に直接支払う場合は適用されないのです。

しかも、そのオンライン決済はできる宿とできない宿があります。

宿側がGo Toトラベルに登録していても、オンライン決済ができないと適用されないのです。

はい、わけわかめ。

ちなみに、僕の宿はたまたまログハウスkizukiのみBooking.comのオンライン決済が可能なので、GoToトラベルも適用になります。

Go To使って泊まるならば、下記からご予約下さい。(10月中旬まではAirbnbでは適用されません)

GoTo使ってログハウスkizukiに泊まるからはこちら!

http://www.booking.com/Share-gJgVtm

ということは、使う側のお客様はもっとややこしい。

自分の旅がGo To適用されるのかされないのか?誰も分からない。

となると、大手の旅行代理店や旅行サイトの、既に割引になっている商品を買うのが確実なわけです。

はい、でました!

大手のみが恩恵を受けるパターンです。

中小の会社や、個人でやっているような宿泊事業者は「あーーー!もうややこしくてやってられん!」ってなるんです。

実際に、このGo Toトラベルは5万件の宿泊事業者の登録を見込んでいたそうですが、現時点で1万7千件に留まっているそうです。

そりゃそうです。ややこしくてわけわからん!

Airbnbは参入を表明しましたが、参入が遅れた為に、Go Toが適用されるのが10月中旬からと出遅れました。

ややこしいシステムということは、旅行サイトもそれだけの手間と労力が掛かってしまうため、参入を躊躇したというのが本音でしょう。

宿泊事業者も直販で自身で還付申請をしてとなると、煩雑過ぎて業務が圧迫されるし大変です。

そうなると人員もシステムも充実している大手のみが恩恵を受けるのです。

<提言>

そういった小規模な宿泊事業者の救済措置を求めます!

まずは、BやCでの申請が承認される前提で、事後申請を認めること。

もしくは、Aで登録している宿泊事業者の場合は、8月末まで行っていたように、旅行者が事後申請すれば還付されるシステムを9月以降も有効とすること。

これを実行しないと、9月1日以降にGo Toが適用されない予約が大量に出ます。

宿側も大変な損失を受けますし、宿泊者側も割引前提で予約していたのに、旅行をキャンセルするか、割引が適用されないという事態になります。

Go To トラブルキャンペーンと言われないように、今すぐに改善を求めます。

ころころ変わるシステムですから、せっかくなら良い方にコロコロ変わってください。

9月まではまだ時間があります。

予約した宿泊者がGo Toトラブルキャンペーンが適用されない!という事態にならないように、お願いします。

【Airbnbからのご予約は下記まで!】
10月中旬以降にGoToトラベルキャンペーン適用されます!

☆Fuji view skyliving コテージひだまり(伊豆の国市)
https://airbnb.com/h/cottage-hidamari

☆ログハウス那須ハイグランド(那須町)
https://airbnb.com/h/loghouse-nasu-highground

☆ハイジのログハウス(那須町)
https://airbnb.com/h/heidi-loghouse

☆ログハウスkizuki(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-kizuki

☆ログハウスせせらぎ(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-seseragi

コロナ渦でも家族が安心して泊まれる宿と、地元も安心する旅の方法

小さなお子さんがいるご家族からのメッセージが本当に嬉しいです。

ログハウスせせらぎ

「コロナでどこにも行けなかったので、久々に家族で旅行ができて、リラックスできました」

「子どもたちがあんなにはしゃぐ姿を見たのは久しぶりです!」

「大自然に囲まれて子どもたちと散歩するだけでも癒やされました!」

Go Toトラベルキャンペーンがあるとは言え、やはり旅行に行くのを躊躇する方も多いです。

しかし、今は、感染拡大を防ぎながらのマイクロツーリズムが注目されています。

・近場の田舎で

・車で行けて

・一棟ログハウスやコテージに家族で泊まる

これだと、家で過ごしているのと感染拡大の危険度は変わりません。

ある意味、都会で色々動くより安全、安心です。

しかし、地元の方は関東からの旅行者を警戒しています。

だから、下記は絶対に守ってください。

・地元での買い物は一人か二人で

・外出時はマスクを着用

・人混みには出かけない、集団で騒がない

ルールさえ守って頂ければ、地元の人も不安にはなりません。

たいてい地元の方から言われるのはマナー違反のグループです。

スーパーで集団で大声で買い物をしていたとか、外で花火をして騒いでいたとか。

しかし、注意喚起を強化してきたお陰か、マナーが浸透してきたのか、最近は悪い話を聞かなくなりました。

大変嬉しいことです。

田舎の良い所は、密にならない観光スポットも沢山あることです。

自然の中を散歩するだけでも贅沢な時間です。

コテージひだまり周辺を散歩

大自然に囲まれるとコロナを忘れます。

元々僕は田舎の大自然に囲まれて仕事の疲れを癒やすために、都留市のログハウスを買いました。

しかし、別荘を探す過程で様々な現実も目にしました。

それは、田舎に沢山ある放置別荘の存在です。

団塊世代がバブル期に買った別荘が、次世代にも引き継ぎたい人はおらず、放置されたままです。

しかし、素敵な場所にも関わらず、朽ち果てる別荘が増えると、その地域そのものが機能しなくなり荒れ果てます。

都留の別荘を購入した時は、周囲に8軒のログハウスがある集落でしたが、その内3軒が空き家でした。

初めて買ったログハウスkizuki

僕が2軒再生させて別荘民泊を始めると活性化され、残りの一軒もリフォーム後に直ぐ売れたそうです。

当時、その集落を分譲した不動産会社の会長にも、「ここを蘇らせてくれてありがとう!」と言って頂きました。

こうやって荒廃しかけた町を活性化させ、その町の素晴らしさを都会の人に伝えて、田舎の魅力を知ってもらい、地域の活性にも繋げていきたいのです。

コロナ渦で今、田舎暮らしにも注目が集まっています。

都会の一極集中は効率の観点でどんどん加速しましたが、そこには大きな歪やリスクを伴うことも分かりました。

現実的には直ぐに田舎に住むのは無理かもしれませんが、旅を通して、田舎での暮らしの良さや、自然を楽しむ良さに触れて貰えれば嬉しいです。

僕自身も、都留のログハウスは自宅から車でたった1時間5分です。

普段仕事で行く銀座のオフィスも通勤時間は同じ様な時間です。

「えっ?同じ時間で、こんな田舎の自然の中で過ごせるの?」

って、ビックリしました。

ログハウスせせらぎ

都会の皆さんにも気付いて欲しい。

意外と近くに、これだけ素敵な自然がここちよい場所があるんだよと。

是非、一度田舎の別荘民泊を体験して下さい。

【Airbnbからのご予約は下記まで!】

☆Fuji view skyliving コテージひだまり(伊豆の国市)
https://airbnb.com/h/cottage-hidamari

☆ログハウス那須ハイグランド(那須町)
https://airbnb.com/h/loghouse-nasu-highground

☆ハイジのログハウス(那須町)
https://airbnb.com/h/heidi-loghouse

☆ログハウスkizuki(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-kizuki

☆ログハウスせせらぎ(山梨県都留市)
https://airbnb.com/h/loghouse-seseragi